nM3_fB33iRu86yG1515134923_1515138084

事故

駐車場から道路に侵入してくる車と衝突!過失割合は?

先日、事故に巻き込まれてしまいました…。

事故の内容は、私が道路を走行中に駐車場から出てきた車が衝突してきたというもの。

事故としてはよくある内容でしょうか。十分な確認をせずに道路に侵入したために起きてしまう事故です。私としては、後ろタイヤの位置に突っ込まれているので防ぎようもなかったのですが、走行中の事故という扱いで少なからず過失が生じてしまうというなんとも理不尽な結果に…。

今回は、その事故の内容と、通常の過失割合及び、交渉の末に変更された過失割合について紹介したいと思います。こういった形で事故に巻き込まれる人は少なくないかと思いますので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

事故の内容

事故が起きたのは交差点。

nM3_fB33iRu86yG1515134923_1515138084

私が乗っていたのは『B』の車で、交差点を右折するために右折レーンを走っている状態でした。とはいっても、前方の信号が赤だったため、減速しながらゆっくりと走行。

衝突してきたのは『A』の車ですが、直進車線が信号待ちの関係で並んでいるなか、間を開けてもらい、『右折』しようとしている状態。(私からみて対向車線に出ようとしている状態)

この状態で私は停止位置まで進んで停車しようとしたところ、B車が飛び出してきてしまい後ろのタイヤに衝突した形になります。ちなみに、B車の衝突ヶ所は、フロントの左側でした。ほとんど通り過ぎる瞬間にぶつかった事になります。

A車の主張としては、信号が青になっている車線から左折してきたC車がパッシングをして「行ってもいい」という合図を送ってきたから進んだという事ですが、それで右折車線(私の走行していた車線)を確認せず飛び出されてはたまったもんじゃありません。(ちなみに私はパッシングは確認していません)

最初は、パッシングを理由に正当性を主張してきましたが、分が悪い事に気が付いたのか次第に、全面的に非を認める形に。

毎回、思うのですが、自分に非がある事故の場合は、最初から誠意ある対応をするべきですよね。そうすれば、多少、大きな事故でも物損で済ませてもらえる可能性が高まると思いますし。人間の心理は、相手の対応によって変わってくるものです。ムカつく相手には情も何もありませんから、少しでも首等に違和感があれば人身決定です。(ちなみに、今回は物損事故)

過失割合

事故後は警察にいく(あるいは来てもらう)事になりますが、警察は事故の内容を確認するだけで、どちらが悪いといった判断は基本的にしません。

具体的な過失割合を決めてくれるのは、基本的に加入している保険会社という事になります。保険会社は過去の事故などから決められている過失割合を提示してきますが、今回のケースでは、『8:2』になるのが一般的との事です。

ちなみに、パッシングも、右折レーンという事も、後ろタイヤにブツかるという防ぎようのない状態でも関係なく、道路に侵入してきた車と衝突した場合は、こういった過失割合になるという非常に大まかな説明でした。

しかし、防ぎようのない場面なのに、2割も負担するのは納得できない部分もあります。仮に、私と相手の車の修理費が20万円づつだとしたら、4万円づつ負担する必要がありますから負担額は8万円という事に…。こんな事で保険も使いたくない(等級が下がるので)ですし、車両保険には入っていません(自分の車を直す保険)。

そこで、「10:0とまでは言わないが9:1にしてくれないか」と交渉する事にしました。しかし、これが通るには、事故の相手がその割合を認めるという事が必要になりますし、相手の保険会社の負担額も増える事になるので、相手の保険会社にも認めてもらう必要があるという事になります。過失割合を変えるのって意外にいろいろハードルがあるんですよね…。

しかも、即日に結果がでる事は殆どありません!

そんなこんなで待つこと、1週間。無事「9:1」で処理してもらえるという連絡が。おそらくですが、状況に関係なく「8:2が一般的」とされた状態から、後ろタイヤにぶつけられているという防ぎようがない状態が考慮されての結果だったものと思われます。

という事で、今回の事故は、物損事故で、過失割合は『9:1』。正直、完璧に納得はできませんけど、どこかで妥協するしかありません。幸い、人生が変わるような大きな事故ではないので、忘れる事にします。

最後に

こちらの記事にたどり着いた方の中には実際に事故の当事者となっている人もいるかと思います。まず、少しでも痛む部分があれば病院に行きましょう。

過失割合は、相手の出方と、保険会社次第なので、なんとも言えませんが、私のように交渉する事によって変わってくる事もあるかもしれません。もちろん、10:0になる可能性だってあります。ただ、一般的な割合は8:2となるので、妥協する事も必要になってくる事も想定しておきましょう。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙40秒の簡単入力で愛車の査定額がその場で分かる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて284,000円高値で売れました。

わずか40秒の簡単入力で、最大10社から一括査定が受けられるうえ、入力後、1秒で最高額が分かります。

もちろん実際に売るかは、査定額を見た後に判断可能です。

⇒かんたん査定ガイドの一括査定

関連

-事故