phone-735062_1280

賢く車を売る

車の買取査定(一括査定)後のしつこい電話を一発で止める方法

車の一括査定を受けると「検討して頂けましたか?」「売って頂けませんか?」といった催促の電話がくる事があります。時には何回もしつこく電話をしてくる事もあるようです。

一括査定自体は、手軽に愛車の価値が把握でき最も高値で売れる有効な手段となります。しかし、複数社に査定をしてもらう事により、競って早く売ってもらおうという心理が働いてしまい悠長に待つ事無く電話で勧誘してきてしまうのです。

売ってもらわないと査定の手間や時間が無駄なものとなってしまうので仕方ないといえば仕方ないのですが・・。

しかし、ユーザー側としても大事な資産ですから少しでも高値で売るために時間をかけて買取業者を選ぶのは当然の権利です。

電話や交渉が苦手・・、という方も多いかと思いますが、回りくどい駆け引きなく電話勧誘を防ぐ事ができますので是非こちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

電話に出て対処

電話が何回もかかってくると「電話に出たくない・・」という心理が働いてしまいますが、電話には出て意思をしっかり伝えた方が早く勧誘が収まります。

というのも、業者側も目的があって電話をしてきています。何も嫌がらせのために電話をしているわけではありません。

査定の日時を決めたい、売ってもらえるかを確認したい、これらの目的を果たせれば業者側には電話をかける理由がなくなります。

はっきりと意思を伝える

例えば、査定をしてもらい「売ってもらえるか」の催促の電話だったとしましょう。

売る気がない場合は「売りません」

暫く考えたい場合は「暫く考えたいので売る場合はこちらからお電話します」

といった形でしっかりと意思を伝えましょう。

一括査定の催促の電話は、いつ査定ができるのか?いつ売ってもらえるのか?ということを確認するためにかかってきます。これらが確認できれば良い意味でも悪い意味でも電話をかける理由は無くなります。

「売ってしまった」と伝える

また、その業者に売る気がない場合は、まだ手元に車があったとしても「もう売ってしまった」と言い切ってしまっても構いません。

実際に売ったかどうかを確認する手段はありませんし、確認できたとしても「売る気は無い」という意思は伝わりますので一発で勧誘の電話が収まります。

電話をする理由がなくなれば電話をかけてくる事はありません。業者にとってもはっきりと意思を伝えてもらった方が余計な手間をかけずに済むのでお互いの為になります。

査定前の電話

査定を行う前にも査定日を決める電話がかかってきますが、複数社の査定予約を受けると「もうこれ以上は受けなくていいか」となるタイミングがありますね。

こういった時は正直に、「既に複数社の予約があり対応しきれない」という意思を伝えて断りましょう。

また、同じ日時で複数社の査定を受ける事もできますので、時間がない場合はその旨を伝えて同じ日時で予約するのも有効な手段です。

 

メール対応の業者を選択

買取業者の中にはメール対応で買取作業を進めてくれる業者もあるので電話が苦手な場合はこういった業者を選択するのも有効です。

ただ、メールの場合にも意思を伝える事は重要です。

曖昧にしてしまうと業者側もどうしていいのか分からずに何回もメールを送ってきてしまうといった対応をとる事もあるでしょう。

 

しっかり対応することが大切

何回も電話がかかってくると「電話に出たくない・・」「しつこい・・」といった心理が働いてしまいますが、まずは電話に出てしっかりと意思表示をしましょう。

何回も電話をしてくるのは、

  • 決まっていない案件がある
  • 交渉の余地がある

と考えられているからです。

業者側も利益の出ない作業はしません。ビジネスとして成り立つ可能性を感じているから電話をしているのです。

「もう売ってしまったから手元に車がない」と言われたら電話をする理由がなくなりますよね。

電話に出て意思をしっかり伝えれば、しつこい電話は必ず収まります。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙一括査定に出すと高値で売れる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて186,000円の高値で売れました。

わずか1分の簡単入力で、すぐに高額査定の会社が分かります♪

⇒かんたん査定ガイドの一括査定

関連

-賢く車を売る