scrutineers-432374_1280

賢く車を売る

売却時に車検が近い場合は車検を受けてから売った方が得?損?

車を売却する時は様々な要因が査定額に影響を与えます。

これまでは、タイヤの溝による査定額の違いドアのヘコみによる査定額の違いを特集してきましたが、今回は『車検の残日数』についてです。

車検の期限が近い場合は車検を通してから売った方が高く売れるのか?それとも、車検を通さずに売った方が金銭的メリットがあるのか?

よく「車検を通したばっかりだし、あと2年は乗る」といった事を聞く機会があります。恐らく、多くの方が車検の短い状態で車を売っている事でしょう。

実際、『車検2年付き』と書かれている中古車を多く見かけますね。裏を返せば車検が切れている状態か、車検切れに近い状態で売られた車なのです。

 

スポンサーリンク

車検の評価は車検代ほど高くない

車検は、新車購入時に3年、その後は2年に1回のペースで受けます(乗用車)。

金額は、軽自動車でも概ね5万円以上、普通車では10万円以上かかる事も少なくありません。この金額はバカになりませんよね。格安車検も増えてきましたが、それでも大部分は法定費用と呼ばれる国に収めるお金となっているので安くするのにも限界があります。

そして、どんなに格安の車検を受けたとしても車の買い取り査定は車検代通りの査定額とはなりません。査定は基本的に車そのものの価値を調べる作業です。車自体に一定の価値がなくては評価にも値しませんし、車自体に価値があっても、車検代から計算した車検残日数通りの査定額とはなりません。

 

車検残日数の加点

車検代通りの評価をされない要因の1つに、整備に対する評価が大きくないという部分があります。

車検代は、基本料金+法定費用という内訳となっていますが、基本料金のほとんどは、整備検査代となっています。しかし、ユーザー車検を利用して自分で検査場に持ち込む事も可能となりますし、整備検査代は金額が曖昧で決まった評価ができません。

査定には、車検残日数による加点がありますが、車検代に見合った加点とはならない点数で残日数に応じて車種やクラスごとに加点されます。

それに、エレメントなど消耗品が新品に取り替えられていたとしても査定には全く影響を与えません。売る事が確定している場合は、車検を通したとしても最低限の整備で十分でしょう。

 

法定費用の大部分は戻ってきますが要注意

基本料金とは違い、車検代の大部分を占めている重量税や自賠責保険に関しては戻ってきます。これらのお金は車の価値とは関係なく2年分の税金や保険料を先払いで収めただけなので残日数に応じて査定額に加味されるのです。

しかし、お店によっては『重量税』『自賠責保険』といった項目が詳細に書かれていない事もあります。

数字を誤魔化されている可能性も考えられますので、不安な場合はお店側に確認を取りましょう。

 

販売業者が車検を通した方が安く車検を通せる

最初に少し触れましたが、『車検2年付き』といった形で売られている車を多く見かけますね。

これらは、販売業者が車検を通して車を販売する形となります。販売業者が車検を通す場合、整備検査代などを最小限に減らして原価で行う事が可能となるので車の所有者が車検を受けるより必ず安い料金で車検を通せます

販売業者が車検を通した方が安く済むという事からも車検で支払った全額が査定で加味される仕組みが成り立たないのが分かりますね。

 

車検残日数は気にしない

結論ですが、車検が切れそうだからといって車検を通してから売却する必要はありません

それに、査定に加味されない整備検査代はそこまで大きな金額とはなりませんので残日数をそこまで気にする必要はないかと思われます。

ただ、業者によって残日数の査定額が違っており場合によっては大きな開きがあることも覚えておきましょう。これらの違いは、それぞれの会社によって販売ルートが違う為に生じるもので販売しやすさなどによって変動してくるのです。

場合によっては、車検に対する査定だけでも数万円の違いにもなる事がありますので、適正な評価を受けられるように複数の業者から査定を受けて判断する事も大切です。

【関連記事】

溝のないタイヤは買取査定の前に交換した方が高く売れる?

ドアのヘコみの査定減額。ドアパンチは直して売った方が高く売れる?

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

関連

-賢く車を売る