carsharing-1436203_1280

賢く車を買う

レンタカー落ちの中古車はやめたほうがいい?メリット・デメリット

格安のレンタカーは別ですが、多くのレンタカーショップではそこまで古いレンタカーの貸出は行っていません。一定の役割を終えたレンタカーは『レンタカー落ち』の中古車として出回る仕組みとなっています。

中古車を探していると稀に『レンタカー落ち』の車に出会う事もあるでしょう。これらの車は中古車として買いなのか?今回の記事ではレンタカー落ちについてまとめます。

 

スポンサーリンク

レンタカー落ちの確認方法

レンタカー落ちの中古車を確認する方法は簡単です。

レンタカーを中古車として販売する場合は『レンタカー落ちである事を表示する義務』があるので必ずプライスボードなどにその旨が表示されているのです。

その為、「気がつかないうちにレンタカー落ちを買っていた」といった心配はありません。ユーザーはレンタカー落ちである事を知ったうえで購入する事になります。

 

レンタカー落ちのメリット

年式が新しい

先程も少し触れましたが、レンタカーは比較的新しい車が用意されています。理由としては、古い車を貸し出すと評判が落ちてしまうなどのデメリットがあるからです。

その為、レンタカー落ちとして販売される車も比較的年式が新しく、車種に関しても1世代前までの車がほとんどです。

価格が安い

多くの人がレンタカー落ちを好む場合は需要があり価格が高騰しますが、レンタカー落ちは「過去何百人がどんな運転をしたか分からない」という不安要素があり避ける人も少なくありません。

その為、販売価格も安くなります。

メンテナンスされている

レンタカーは「安全な状態で貸し出す」のが義務でもあります。その為、メンテナンスは欠かさず行われています。消耗品の取り換えなども通常以上に小まめに行われます。

また、普通の車とは違い半年毎の法定点検も義務となっています。

 

レンタカー落ちのデメリット

過走行

年式のわりに走行距離が進んでいる車を「過走行」と言いますが、レンタカーは長距離に使われる事が多く1年で3万キロ以上走る事も少なくありません。

極端な過走行になっている事も少ないようですが、一般的な乗り方より走行距離が進んでいる事は間違いないでしょう。

洗車の傷が多い

レンタカーは貸出後に洗車が行われます(お店によっては100%ではないかもしれません)。

その為、通常の使い方では考えられない程、洗車が行われる事になります。

洗車機ではなく、手作業で洗車を行っているお店もありますが、過剰な洗車は車の塗装にいい影響を与えないでしょう。

誰がどんな運転をしたか分からない

レンタカー落ちの最大のネックはやはり「過去何百人がどんな運転をしたか分からない」という事。

これを理由にレンタカー落ちを避ける人は少なくないでしょう。

 

レンタカー落ちを買うべき?避けるべき?

「過去何百人がどんな運転をしたか分からない」という部分を分解して考えてみましょう。

  • 雑に運転されている
  • 汚れを気にせずに乗車している
  • 嘔吐されている

何百人が運転しているので、『雑な運転』をしている人も必ずいますし、『自分のじゃないし汚れても良い』といった感覚で乗った人も必ず居るでしょう。

また、試乗車と違い短い時間、短い距離ではないので中には嘔吐されているレンタカーもあるでしょう。もちろん、クリーニングはされていますが気分のいいものではありません。

これらの過去は確認しようがない部分なので運に左右されます。比較的、清潔に使われたレンタカー落ちもありますし、逆に最悪の環境で使われたレンタカー落ちもあります。

「レンタカー落ちは買わない方がいい」とまでは言いませんが、ある程度の覚悟を持って購入した方がいいかと思います。中古車自体、当たり外れがありリスクのある物ですが、そのリスクが普通より高いという認識は持っておきましょう。そうでなければ、『レンタカー落ちである事を表示する義務』も必要ないはずです。

もちろん、「そんな事は気にしない!」という方もいるかと思いますので、そういった方には安くて年式の新しい理想の車なのかもしれません。

 

試乗車落ちがおすすめ

同じく沢山の人に使われた車として『試乗車』があります。ただ、試乗車の場合は、走行距離も少なく雑に扱われる心配もありません。

その為、レンタカー落ちに比べて試乗車落ちは圧倒的にいい状態で中古車市場に出回ります。

状態がいい分、レンタカー落ちよりは高くなりますが、レンタカー落ちで迷われている方は試乗車落ちも検討してみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちら⇒試乗車落ちの中古車はお買い得?メリット・デメリット

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

関連

-賢く車を買う