car-engine-1738309_1280

賢く車を買う

新車保証が残っている中古車には保証の引き継ぎ作業が必要

ほぼ全ての国産メーカーで、新車購入時に3年間の一般保証と5年間の特別保証がつきます。

これらの保証は中古車であっても期間内であれば適用される仕組みとなっていますが、元の所有者が保証の権利を持っているので保証の引き継ぎを行わなくてはなりません。

 

スポンサーリンク

保証の種類

一般保証・・・ナビ、エアコン、パワーウィンドウ、オーディオなど消耗品以外のほとんどの部品が保証される。期間は3年ですが距離も6万キロまで。

特別保証・・・エンジン、ブレーキ、ステアリング、ギアなど車の動力伝導機構を保証する。期間は5年ですが距離も10万キロまで

新車で購入すると長い期間の保証が受けられます。特に走行にかかわる動力関係に関しては5年間という期間の保証が受けられ事故や故意以外の理由で「買って数年で壊れて使えなくなってしまった」という事態は起こりません。

技術の向上と共に耐久性も上がっているので、5年以内にエンジンなどの走行に関わる部品が壊れるというケースは稀ですが、万が一に備えて保証の引き継ぎをしっかりと行う必要があります。

新車登録から5年以内の中古車は少なくありません。知らないと損をしてしまうケースもあります。

 

保証を引き継ぐ方法

保証を引き継ぐ作業は『保証の継承』と呼ばれます。

保証の継承を行う方法は、まずディーラーに行く必要があります。ここで言うディーラーとは中古車を買ったディーラーではなく買った車と同じメーカーのディーラーとなります。例えば買った車がトヨタのプリウスであればトヨタのディーラーに行きましょう。

保証の継承はメーカーによっても規定が異なる部分がありますが、共通している部分としては、

  • 保証書の有無
  • 保証の継承ができる状態か調べるために点検を受ける(有料)
  • 名義変更が済んでいる
  • 継承に伴う手数料の支払い

継承できる状態かどうかに関しては、純正パーツのままかなどの点で改造をしていなければまず問題無いでしょう。保証書の有無は事前に確認ができますし名義変更も車を所有している地点で済んでいるはずです。

 

保証の継承は行うべき?

中古車を買った際に継承作業もできると楽なのですが、ディーラーに赴くという手間がかかります。その為、保証の継承を行わない人も少なくありません。

実際、保証の継承は行うべきなのでしょうか?

保証の継承には点検料金と手数料がかかりますが、1年以上保証が残っている場合は継承するべきとされています。エンジンやステアリングなど走行性能にかかわる部品はちょっとした故障でも莫大な金額がかかってしまいます。場合によっては50万円近い修理費になる事もあるでしょう。

恐らく、新車保証が残っている状態の中古車を買ったのであれば購入金額も高く、これから長年乗っていく予定のはずです。現在の車はそうそう壊れる事はありませんが、万が一に備えて継承しておく価値はあるでしょう。

 

中古車の保証がある場合は?

中古車の有償保証に入ったけど新車保証も必要??

中古車の保証に入った場合はこの疑問が浮かぶかと思います。

中古車の有償保証は、多くの場合、免責が必要となります。例えば、修理代金の内5万円まで自己負担など。無料で修理をしてくれるわけではないのです。

一方、新車保証に関しては無料で修理を行ってくれます。新車保証は車を作ったという責任があるので免責などは定められていないのです。

結論を言うと、やはり1年以上の保証期間が残っている場合は保証の継承を行った方がいいでしょう。

 

中古車を買った地点で継承を行う場合も

基本的に中古車を購入後にディーラーに行き保証の継承をしますが、中古車を買った段階でお店側が保証の継承を行うケースもあります。

【ディーラー系列のお店で買う場合】

トヨタU-CARなどディーラー系列の中古車販売店も多く存在します。これらのお店でそのメーカーの中古車を購入した場合、保証の継承を行ってくれる場合があります。

【有償保証に加入した場合】

中古車の有償保証に加入すると、お店側が保証の継承手続きを行ってくれる場合があります。

理由は、有償保証によってかかる修理費を抑えるためです。有償保証期間内に故障しても新車保証によって修理できるのでエンジン修理など莫大な修理代を抑える事ができるのです。

こういった場合は、表向きは中古車販売店の保証書が発行され、新車の保証書は中古車販売店が管理する形となります。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

関連

-賢く車を買う