fishing-1572408_1280

レジャー・アウトドア

釣り用おすすめの軽自動車。ロッドホルダー、釣竿収納のある軽は?

少し前までは、釣りによく行く人には高さのある普通車が人気でしたが、最近の軽自動車は高さのある車も増えており多くの釣り好きの人に軽自動車が選択されるようになってきました。

しかし、いざ軽自動車を候補にしてみると多種多様の魅力的な車種があり迷ってしまいますよね。

今回の記事では釣りに使える軽自動車の条件とおすすめの車種をまとめます。

 

スポンサーリンク

釣りに使える軽自動車の条件

高い天井

まず、絶対条件となるのが高い天井。

コンパクトに収納できる釣り竿もありますが、多くの場合、2ピースタイプの釣り竿か、縮めても一定の長さのある釣り竿を使っているかと思います。

その為、軽自動車に乗せる場合は、頭上にロッドホルダーを設置する形となり、助手席や運転席側にも釣り竿がはみ出した状態となります。

もし、天井の低い車を買ったら、頭に釣り竿があたってしまう事もありますし、視界に入って運転しづらくなるでしょう。

その為、天井の高さは必須となるのです。筆者はワゴンRとミラを所有していますが、ミラの場合は釣り竿を乗せると運転しづらい状況となりワゴンRでも視界に入って人によっては気になるかもしれません。

燃費が良い

近場に釣り場があり、近場にしか行かない場合は必ずしも重要な項目とはなりませんが、様々な釣り場に行く場合や、遠方から海に行く人は燃費のよさも重要です。

荷台の確保

釣りに行くと荷物も多くなりますね。天井の高い車を選択すると荷台も大きいので基本的に困る事はないかと思いますが中には2列目がスライドしない車もあるので気をつけなくてはなりません。

また、既に持っている車を釣り仕様にしたい場合は、ルーフキャリアも検討しましょう。車の上に荷物を載せられるので室内空間を使う必要がなくなります。

ターボ付き

移動中に山を登るといった環境がある場合は、ターボ付きも必須の条件となってきます。

平地を走る場合は問題ありませんが、不満を持ちながら使うのはストレスになるので環境次第では迷わずターボを付けましょう。

オフロード仕様

釣りと一言で言っても様々な釣りがありますね。中には渓流釣りで山奥まで車を走らせる人もいるでしょう。そういった場合は、シティー仕様の車よりオフロード向きの車が理想です。

 

釣りにおすすめの軽自動車

ウェイク

screenshot-2016-12-25-at-12-31-33

まず、おすすめしたいのがウェイク。

アウトドアで使う事を想定して開発されているので釣りに関しても打って付けの軽自動車となっています。

screenshot-2016-12-25-at-12-32-33

オプションでロッドホルダーも売られていますし、天井の高さがトップクラスなので設置後も室内を圧迫するような事はありません。

screenshot-2016-12-25-at-12-35-18

室内空間に関しては文句なし、燃費に関しても新型の車両なので十分低燃費となっています。

ただ、価格はやや高めの印象。ターボ仕様を選択するのであれば200万円前後の支払額になるかもしれません。

また、バス釣りや海釣りなど様々なスチュエーションで使えますが、高さもありオフロード仕様とはなっていないので山奥に行くという人には向いていません。

ハスラー・ジムニー

オフロードの環境にも行くという場合はハスラーかジムニーがおすすめです。ただ、室内空間の確保や燃費の面を考えるとハスラーの方が実用的。しかし、より山奥や激しいオフロード環境で使う場合はジムニーが圧倒的におすすめとなります。

ハスラー

screenshot-2016-12-25-at-12-41-54

ハスラーは軽SUVとして開発されており、オフロードも想定して開発されています。

また、オフロード仕様の車としては珍しく燃費がいいのも特徴的です。

天井の高さに関してはけして高くはありませんが、十分な室内空間は確保されているでしょう。

screenshot-2016-12-25-at-12-54-53

オプションでロッドホルダーも販売されています。

ジムニー

screenshot-2016-12-25-at-12-57-19

ジムニーはオフロードに特化して開発されている軽自動車です。他のメーカーでもここまでのオフロード仕様は発売していないので唯一無二の存在。

screenshot-2016-12-25-at-12-58-38

ロッドホルダーも販売されており、室内空間の狭さをカバーするためか天井ギリギリに設置する仕組みとなっています。

ただ、燃費に関してはかなり悪いと言わざるを得ません。ハスラーの半分ほどの燃費となるでしょう。

N−BOX、タント、スペーシア

screenshot-2016-12-25-at-13-02-52

ライバル車種のN-BOX、タント、スペーシアに関しても十分な室内高と低燃費を誇っているのでオススメです。

ただ、アウトドアの想定はそこまでされていませんので純正のロッドホルダーは用意されていません。といっても市販のロッドホルダーが売られているのでそこまで問題ないでしょう。


エイチ・ワイ・エス 日吉屋(HYS) No.757ロッドキャリーPE-3RC

これらの車は燃費+室内空間を確保しているので普段使いとアウトドア双方に使い勝手のいい車です。こういった車も候補になるのではないでしょうか。

バモス、エブリィワゴン

screenshot-2016-12-25-at-13-15-04

いわゆる『バン』と呼ばれるタイプの軽自動車ですが、この形状の通り圧倒的な室内空間を確保しています。

荷物を多く乗せる、釣り竿を乗せるという面では他の軽自動車より長けているでしょう。

また、海釣りをしながら車中泊をしている光景をよく見かけます。このサイズならではの使い方が可能となるようです。

ただ、燃費が悪く乗り心地も他の軽に劣ります。こういった部分を考慮しても室内空間を確保したい場合は候補の1台となるでしょう。

 

最後に

どの車種が最も向いているかは人によって異なります。オフロードに行かない場合は、ウェイクかタント系がおすすめとなりますし、オフロードも想定している場合はハスラーやジムニーがおすすめです。

まずは、どのような釣りを楽しむのかを考えてみましょう。あなたに合った1台がきっと見つかるはずです。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

関連

-レジャー・アウトドア