accident-1409005_1280

保険

自賠責保険の保障内容や料金一覧。任意保険との違いも

車を所有すると必ず加入する必要がある『自賠責保険』。

しかし、身近でよく聞く名前の保険でありながら、保障内容については詳しく知られていない部分があります。

自賠責保険にはどのような役割があり義務化されているのか?今回の記事では自賠責保険の役割や料金、任意保険との違いについて解説します。

 

スポンサーリンク

自賠責保険とは

車の保険には『自賠責保険』と『任意保険』の2種類がありますが、自賠責保険は法律で義務化されています。

高い料金を払って任意保険に入っているから問題ない!といった判断で自賠責保険を解約する事は不可能で、車を所有している限りは自賠責保険に加入していなくてはなりません。

自賠責保険の適用範囲

自賠責保険は被害者を保障する対人保険です。

万が一、事故で被害者を出してしまった時に効力を発揮する保険となっています。対物の保障は一切ありませんので最低限の保険といったイメージです。

保障の限度額は1人につき、

  • 死亡3,000万円
  • 怪我120万円
  • 後遺症75〜3,000万円
  • 介護が必要な後遺症4,000万円

以上のような保障内容となっています。

車(車体番号)にかける保険

自賠責保険は車にかける保険です。

その為、名義が誰であっても被害者を出した場合は保険が適用されます。

例えば、友人から車を譲り受けた場合でも自賠責保険の名義を必ずしも変える必要はありません。新しい所有者が事故を起こしても保険は適用されます。

それでも名義を変える場合はこちらから⇒知人から軽自動車を買ったら自賠責保険の名義変更は必要?方法や場所

自賠責保険に加入していない場合の罰則

自賠責保険は義務となっているので加入していないと罰則があります。

自動車損害賠償保障法違反の『無保険運行』となり、罰則内容は、

  • 6点の違反点数
  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 免停

免停となり罰金または懲役と、かなり重い罰則が科されます。保険の効いていない車は危険で悪質と判断されるからでしょう。

 

自賠責保険と任意保険の関係性

対人の保障があるなら任意保険はどんな意味があるのだろう??と疑問が浮かぶかと思います。

任意保険の役割は、自賠責保険では保障しきれない部分をカバーする事です。

まず、自賠責保険の保障内容は対人限定です。その上、死亡事故の限度額が3,000万円といった上限が決められています。

しかし、死亡事故や重度の障害を残してしまう事故を起こした場合は1億円以上の支払いになる事も少なくありません。

任意保険は、この自賠責保険の保障範囲を上回った場合に効力を発揮します。

また、対物でも何百万円、自分自身の怪我でも大きなお金がかかる可能性があります。こういった保障は自賠責保険に付いていないので任意保険(契約内容にもよる)によって保障を受ける事になります。

以上の事から、任意保険は強制とはなっていないものの加入するのが当たり前の保険となっています。

また、通勤に車を使う場合も、多くの会社で任意保険が必要となっています。この場合は対人対物無制限が条件となっている事が多いようです。

 

自賠責保険の保険料一覧

自賠責保険は車検の際に一緒に保険料を支払うので詳しい料金を把握していない人も多いかと思います。

そこで、車両別の一覧表にまとめます。ご自身の車がどの料金になるのか把握しましょう。

37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
普通車 40,040円 39,120円 28,780円 27,840円 17,310円 16,350円
軽自動車 37,780円 36,920円 27,240円 26,370円 16,500円 15,600円
125cc以下(原付) 12,410円 9,870円 7,280円
バイク125〜250cc 18,970円 14,290円 9,510円
バイク250cc〜 18,380円 18,020円 14,010円 13,640円 9,550円 9,180円

37ヶ月と36ヶ月に関しては新車購入時に支払う金額です。車検時に支払うのは乗用車の場合、24ヶ月分となる事がほとんどでしょう。保険料は月額換算で千数百円といった金額です。

また、沖縄や一部離島では少し違った保険料となっています。

 

自賠責保険の保障内容を把握して、任意保険の保障内容も決めていきましょう。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

関連

-保険