insurance-1991214_1280

保険

【図解】自動車保険の保険料が無事故で使ってなくても上がる仕組み

「無事故だし、保険は一切使っていないはずなのに保険料が上がった…」

毎年届く保険更新のハガキを確認すると、あきらか去年より高い保険料が記載されている…。こういった経験をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

今年の保険料が上がった

実際に筆者の保険料も去年に比べて上がってしまいました…。

去年は42,000円ほどだったのに、

Screenshot 2017-10-29 at 13.01.02

今年は、4万5千円超え…。たかだか3,000円の違いなんですけど、無事故無違反で保険を一切使っていない事を考えると少し悔しい部分もあります。

しかし、とある簡単な方法を使う事によって、保険料が去年の42,000円より7,000円安い35,000円になりました。保険料値上げ後から考えると1万円ほど保険料を安くできたのでこの違いはかなり大きい…!

なぜ、保険料が上がったのか、その仕組みと、保険料を安くした方法について確認していきましょう。

保険料が上がる4つの仕組み

ポイント
・型式別料率クラスの見直し
・年齢の上昇
・割引きの有無
・保険料の改定

 

型式別料率クラスの見直し

実は、保険料の見直し自体は毎年行われています。

その中でも、最も保険料が変わる要因として、『型式別料率クラスの見直し』というものがあります。

Screenshot 2017-10-29 at 13.11.46

引用:ソニー損保

型式別料率クラスとは簡単に説明すると、車種(型式)ごとに事故や盗難リスクなどを算出して、どの程度の保険料にすれば適切なのかを出す指標です。

損害保険料率算出機構が算出しており、保険会社各社がそれを採用して保険料に反映させています。

Screenshot 2017-10-29 at 13.08.38

つまり、持っている車の型式別料率クラスが大きめに変更されればそれだけ保険料が上がるという事です。
※逆に型式別料率クラスが小さくなれば保険料が下がります。

年齢の上昇

記名被保険者の年齢の上昇も保険料に影響を与えます。

若いうちは保険料が高く、年齢を重ねると、保険料が安くなるというイメージがあるかと思いますが、一定の年齢に達すると逆に保険料は高くなります。

大まかに説明すると、18歳から、40歳ぐらいまでは順調に保険料が安くなり、50歳60歳になると徐々に高くなっていきます。

これは、型式別料率クラスの変更と同じような考え方です。事故の可能性が高い人ほど保険会社としては保険料を高く設定してリスクを抑える必要があるのです。

高齢者の事故が相次いでいますが、保険会社としては、それを安い保険料で受け持つわけにはいきません。

割引きの有無

  • ゴールド免許割引
  • 新車割引
  • インターネット割引

など、これらのものは、新規と更新で割引率が変わったり、改定によっても変わります。

特に、インターネット割引きは新規より更新の方が割引金額が少なくなります。

保険料の改定

保険会社は保険金の支払い実績に応じて、保険料を改定します。安定した保険サービスを提供するために必要な事で、契約内容別で保険料が上がる事が多くなっています。

保険料を1万円安くした方法

保険料を安くした方法は実に簡単!他の保険会社と保険料を比較して切り替えただけです。

とはいっても一社ずつ保険料を確認するのは骨の折れる作業なので、ネットの一括見積もりを利用しました。一括見積もりでは、一度の入力で最大21社の見積もり比較が可能で、表示された最安値の保険会社に切り替えるだけ。

入力作業は僅か5分。これまでに900万人が利用している安心のシステムです。

しかも、利用者全体では30,035円安くなっているというから驚きです。もちろん、無料で利用できます。

一括見積もりに必要なもの

Screenshot 2017-10-29 at 13.46.38

引用:価格コム

新規の場合は、車検証と運転免許証があればOK。

更新の場合は、契約中の保険証券があればOKです。

それらが用意できれば誰でも、一括見積もりをその場で利用できます。

一括見積もりの利用方法

利用方法は、サイトの案内どおりに入力作業を進めるだけです。
実際に一緒に進んでみましょう。

⇒【保険の窓口】自動車保険一括見積もり
Screenshot 2017-10-29 at 14.55.19

まずは、トップ画面で『一括見積もりスタート』をクリック。

Screenshot 2017-10-29 at 14.49.16

続いて、車種情報を入力。車検証や保険証券に情報が記載されています。

Screenshot 2017-10-29 at 14.49.26

続いて、保険に加入済みなのか新規加入なのかを選択。

Screenshot 2017-10-29 at 14.49.46

車の用途を選択。

Screenshot 2017-10-29 at 14.50.13

保険に加入している場合の入力項目ですが、契約中の内容や車のナンバーなどを入力します。

Screenshot 2017-10-29 at 15.05.05

主な運転手の情報を入力。

Screenshot 2017-10-29 at 14.54.52

補償内容を選択。

Screenshot 2017-10-29 at 14.54.54

すると『見積もりをGET』という画面に進むので、こちらをクリックすると保険料が表示されます。入力時間は僅か5分ほど、その手間で、数万円も保険料が下がるのであればやるしかありません!

多くの人は、保険料を見比べたりせず更新するとされていますが、年間数万円違えば10年間で数十万円違う事になります。切り替え作業は一瞬です。等級ももちろん引き継げます。

お金を浮かせて、美味しいものでも食べましょう♪
⇒【保険の窓口】自動車保険一括見積もり

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙一括査定に出すと高値で売れる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて186,000円の高値で売れました。

わずか1分の簡単入力で、すぐに高額査定の会社が分かります♪

⇒いくらで売れるか確認!一括査定はこちら

関連

-保険