fair-1181977_1280

賢く車を売る

中古車を委託販売する場合の注意点。保管料などを考えて利用

車を手離す場合、廃車、下取り、買取業者に売却、オークションなど様々な手段がありますが、『委託販売』と呼ばれる方法があるのをご存知でしょうか?

委託販売とは、中古車販売業者に保管料を支払い店頭に並べてもらう方法で、車が売れた場合、販売手数料を支払い車が売れた代金を受け取れます。

『自分で値段が決められる』『下取りや買取などより高値で売れる』などのメリットがありますが注意点も多くあるのでそれを理解したうえで利用しなくてはなりません。

 

スポンサーリンク

委託販売の注意点

保管料がバカにならない

まず、1番ネックとなるのが保管料の支払い。

保管料に関しては業者によって様々ですが、月5,000円〜10,000円はかかると考えた方がいいでしょう。年間では、6万円から12万円という事になります。

このお金は車が売れようが売れなかろうが必要となるお金なので長い期間売れないほど大きな出費となります。

よほど安い価格設定にしていれば別ですが、展示して即座に売れるという事もなかなか無いでしょう。

こういった費用も考えて、委託販売を選択しなくては赤字となってしまう事も少なくありません。

販売手数料

管理料の他に販売手数料と呼ばれる“車が売れた際に支払うお金”もあります。

販売手数料に関しても、業者によって様々ですが、5,000〜30,000円となる事が多いようです。

管理料と販売手数料の両方を合わせるとけして小さな金額ではありません。高値で売れない車は委託販売を選択肢に入れないほうがいいでしょう。

委託販売している店舗が少ない

中古車販売業者は多く見かけますが、委託販売を請け負ってくれる店舗はほんの一握りです。

行く機会も多くなるので近所にない場合は委託販売の選択肢自体が選べない場合もあります。

いつ売れるか分からない

一番の注意点はこちら。

販売手数料、店舗の場所などについては把握できる部分なのですが“いつ売れるか”に関しては時の運です。1週間で売れる場合もあれば何年も売れない可能性も考えられます。

年式が古くなれば値段を下げる事も検討しなくてはなりませんし、古くなればなるほど値段を下げても売れない環境になっていくでしょう。

 

相場を確認してから値段を決める

何年も売れなかった車は最終的に展示していた中古車販売業者に安く買い取られる事も少なくありません。

中古車販売業者は、管理料を何年も受け取れるうえ、その車を安く買い取れる可能性があるのです。この様な理由からこういった事を故意に狙う悪質な販売業者も少なくないとされています。

そのような被害に合わない為に、愛車の相場を確認してから値段を決める必要があります。業者に言われたままの値段で展示をすると悪質業者に引っ掛かりかねません。

 

委託販売は不安と手間がかかる

委託販売は、売れるまでの不安と、売れるまでの手間が他の売却方法に比べて大きな負担となります。

それらの事を理解したうえで「それでも委託販売が理想」と判断する場合はおすすめしますが、そうでない場合は、買取専門業者に買い取ってもらう方が手軽に高値で売れる方法となるでしょう。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙一括査定に出すと高値で売れる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて186,000円の高値で売れました。

わずか1分の簡単入力で、すぐに高額査定の会社が分かります♪

⇒かんたん査定ガイドの一括査定

関連

-賢く車を売る