scrap-car-639688_1280

廃車

簡単!軽自動車の廃車方法。一時抹消・永久抹消登録それぞれの手続き

乗らなくなった車を所有していませんか?

乗らなくなった車でも税金の支払いや車検は必要となるのでそのままでは維持費がかかってしまいます。

「いずれ乗る予定だし、まだ手放す気はない」

といった場合でも、廃車にする事をおすすめします。

廃車というと、解体するようなイメージを持つかもしれませんが、必ずしもそうではありません。廃車には2種類あり『一時抹消登録』と呼ばれる再び乗る事を前提にした廃車と、『永久抹消登録』と呼ばれる解体した上で登録する方法があります。

今回の記事ではそれぞれの違いと登録方法について解説します。

 

スポンサーリンク

廃車の種類

廃車には先ほどの2種類と廃車できないケースがあります。それぞの違いを見てみましょう。

一時抹消登録

一時抹消登録とは、再び乗る事を前提とした廃車方法です。車自体の解体はせずに、登録を一時的に抹消して廃車扱いとするのです。

中には記念に車を残しておきたいといった場合もあるでしょう。そういった場合にも利用する手続きになります。

登録を抹消するだけですので、再び登録をし直す事により再び乗る事が可能になります。

  • 長期の出張
  • 長期の入院
  • 免許取消
  • 子供が免許を取るタイミングまで

こういった場合で利用する事も多いようです。

一時抹消登録の最大のメリットは登録を抹消している間の自動車税等がかからないという事です。実質、維持費ゼロで車を所有できます。

永久抹消登録

一般的に『廃車』とは『解体』のイメージかと思います。永久抹消登録とは解体をしたうえで登録を抹消する手続きなのでイメージ通りの廃車手続きになります。

一時抹消登録と違い、再び登録をして乗るといった事は一切できなくなります。

  • 事故で修理するまでもない
  • 再び乗る事はない
  • 災害で所在が分からない

といった場合に永久抹消登録の手続きをします。

買い替えの場合、ディーラーなどが引き取ってくれるので手続きをする必要はありませんが、買い換える予定もなく、走行距離などが進んだ車に関してはこの手続きを行う必要がでてきます。

廃車できないケース

基本的に問題なく廃車にできるケースがほとんどですが、中には廃車手続きができない場合もあります。

それは、自分が車の所有者でないケースです。他人が所有している車は廃車にできません。

このケースに該当するのはローンが残っている場合です。実は、ローンが残っている間の車の所有者は車を運転しているユーザーではなく、ローン会社やディーラーとなっています。

ローンが残っている中で廃車にするには、所有権を移動させる手続きが必要になります。

方法はこちら⇒【必見】自動車ローン返済中(残っている)の車を効率よく売る方法

ローン返済中に廃車できてもローンは返済する必要がありますので注意しましょう。

 

廃車の手続きや必要書類

一時抹消登録と永久抹消登録ではそれぞれ手続きが違います。それぞれの手続き方法や手順、必要書類を解説します。

一時抹消登録の手続きや必要書類

【必要書類】
・車検証
・ナンバープレート2枚
・所有者の実印
・手数料納付書(350円)
・自動車検査証返納証明書交付申請書(軽自動車検査協会やディーラーなどで購入)
・印鑑証明書
・自動車検査証返納届出書(軽自動車検査協会やディーラーなどで購入)

聞き慣れない書類が多いかと思いますが、最寄りの軽自動車検査協会や役所などで入手可能な書類となっています。

これらの書類を用意して記入を済ませたら、管轄の軽自動車検査協会に出向いて申請を行って下さい。

申請が完了すると一時抹消登録が完了します。その際に、自動車検査証返納証明書という書類を受け取ります。

この自動車検査証返納証明書は、再び登録をして車を使える状態にする時やそのまま永久抹消登録をすつ際に使う書類となりますので、なくさないように保管しましょう。

ややこしい手続きのように感じますが、そこまで手間のかかる作業はありません。一時抹消登録のメリットは再び乗る選択ができるという部分です。解体を迷っている人も一時的に一時抹消登録としておくと後の選択肢が広がります。

永久抹消登録の手続きや必要書類

【必要書類】
・車検証
・ナンバープレート2枚
・所有者の実印
・印鑑証明書
・自動車リサイクル券(使用済自動車引取証明書)
・申請書(軽自動車検査協会やディーラーなどで購入)

永久抹消登録は解体をする為の手続きではなく、解体を済ませた後の手続きです。

申請書に、解体に係る移動報告番号(自動車リサイクル料金の一部である使用済自動車引取証明書に記載)と解体報告記録がなされた日(解体業者から通知される日付)を記入します。

上記の書類を用意して、管轄の軽自動車検査協会の窓口に提出しましょう。一時抹消登録と違い手数料は無料です。

以上の手続きが終わると「廃車」という扱いになり、税金の支払い義務がなくなります。

 

最後に

文章だけを読むと少しややこしい手続きのように感じるかもしれませんが、難しい書類もなくスムーズに廃車手続きが完了するかと思います。

また、税金等の還付されるお金があります。しっかり受け取れるように手続きをしましょう。

還付されるお金について⇒車の売却や廃車で還付(戻ってくるお金)される税金一覧表

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙一括査定に出すと高値で売れる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて186,000円の高値で売れました。

わずか1分の簡単入力で、すぐに高額査定の会社が分かります♪

⇒いくらで売れるか確認!一括査定はこちら

関連

-廃車