P_20170719_170234

試乗レポート

新型ミライースの試乗レポート。乗り心地や加速性能、室内空間は?

つい先日、新型の『ミライース』がお披露目となりました。

ミライースといえば、スズキ『アルト』との低燃費争いのデッドヒートを繰り広げているイメージが強いかもしれませんが、驚く事に今回の新モデルは、燃費が先代モデルから据え置きとなっています。

低燃費を求め過ぎるあまり、乗り心地や走行性能が疎かになる時代が続いていたので、これをきっかけに、燃費以外の部分が伸びていく時代が始まるのかもしれません。

まぁ、コンセプトが出来るだけ低燃費を求める事とされているような車なので、その意義には反しているようにも感じますが、それでも、ミライースの大胆な判断は好意的に受け入れる声が多いようです。

今回は、80kgの軽量に成功しながら、燃費は変わらないというミライースについて詳しく確認していきましょう。

スポンサーリンク

外観

P_20170719_170234P_20170719_170252P_20170719_173538P_20170719_173635

これまでの、ミライースは、良い言い方をすると「丸みがありかわいい」という印象でしたが、人によっては、「味気ないデザイン」「商用車っぽい」という印象を受けていました。

しかし、新型のミライースに関しては、ご覧の通り「スポーティさ」が加わり、「かっこいい」といった印象を受けます。何より大きいのは商用車という印象をそこまで与えないということでしょうか。

この外観は多くの人に受け入れられそうです。

cjlHju1ixcNxa521501830155_1501830186 qhxAa67HRrXttYP1501830214_1501830224

こちらが、実際の先代モデル。もちろん、好みはそれぞれですが、概ね、今回の外観の変更にはいい印象を受けている声が多いようです。

内装

P_20170719_173554 P_20170719_170447

上が中位から上位モデルのインパネでオートエアコン搭載。

下は、下位モデルでマニュアルエアコンとなっています。

基本的にインパネは多くのダイハツ車で使われている形状で、隣に展示されていたキャストとほぼ同じでした。ダイハツらしいデザインといいましょうか、特別さは特に感じませんが、それでも分かりやすい配置で、使い勝手は申し分ないかと思います。

P_20170719_170521 P_20170719_170415

座席の前列は、黒地に白で可愛らしいデザイン、ヘッドレスト一体型となっています。シートはベンチではありません。

後部座席は、一体型のシートとなっており、左右独立したアレンジはできません。また前後のスライド機能もついていないのでその点も考慮する必要があります。

P_20170719_170426

こちらが足下の空間です。前座席をどの位置にするかによって左右されますが、基本的に窮屈といった印象ではありません。しかし、ムーブやワゴンRなどトールワゴンに比べるとやや足下の空間が狭く感じる印象です。

P_20170719_170312 P_20170719_170350

荷台は座席を倒さないと必要最低限の空間といった印象。

座席を倒す際は、左右分離ではないので、後部座席の背もたれをすべて倒す形となります。

試乗レビュー

今回は特別に20キロほどの距離を試乗させて頂きました。

まず乗り出して思ったのが加速のスムーズさこれまでのミライースは燃費を考慮してか、やや鈍い印象を受けましたが、今回のミライースに関してはその印象がありません。

80kg軽量したという事も大きいでしょう。大人一人分以上が軽量化されていますので、その分が加速にいきてきます。

80kgの軽量をしたけど、燃費は変わらない。その理由のほとんどは『エンジン制御』にあるといいます。エンジンを制御する事により加速を制限して低燃費に繋げていたそう。それを開放した事により、今回の加速が実現しているので、モデルチェンジの最大のウリという事になるでしょう。

試乗して暫くすると、カーブの多い道に入りましたが、あまり切り出しが俊敏という印象は受けません。かといって鈍いわけでもないので、まぁ、軽らしい仕上がりといった感じでしょう。

ただし、ロールが大きいのでその点はやや気になります。切り増しへの反応もいまいち…。

このタイプの軽にそこまで求める人は少ないかもしれませんが、スタビライザーはやはり欲しいところ。最近の軽は軽量化の為に重量の重いスタビライザーを削る傾向にありますが、ミライースに関しても例外ではありません。

段差の衝撃吸収に関しては、このタイプとしては十分かと思います。もちろん、細かな段差を拾ってしまいますが、一時期の低燃費だけを求めていた時代に比べるとその点が改良されているのは明らかです。普通車と比べるわけにはいきません。軽のハッチバックとしては十分という事です。

総評

この手のタイプの軽自動車としては、かなりいいという事が言えるかと思います。

低燃費競争から離脱して走行性能を高めた点はやはり称賛するべきだと思いますし、それによる加速性能は十分に感じ取れました。

やはり、車は楽しんで乗る事が一番大切です。それを改めて感じられる一台になっているかと思います。

ちなみに今回の試乗では平均燃費が28.2km/lとなりました。カタログ燃費は35.2km/lとなっているので、まぁまぁの結果でしょう。頑張れば30km/lを超えると思いますし、悪くても20km/lを切る事はほとんどないかと思います。

Screenshot 2017-08-04 at 16.58.30

グレード 価格
B 842,400円
B 4WD 972,000円
B “SA Ⅲ” 907,200円
B “SA Ⅲ” 4WD 1,036,800円
L 874,800円
L 4WD 1,004,400円
L “SA Ⅲ” 939,600円
L “SA Ⅲ” 4WD 1,069,200円
X “SA Ⅲ” 1,080,000円
X “SA Ⅲ” 4WD 1,209,600円
G “SA Ⅲ” 1,209,600円
G “SA Ⅲ” 4WD 1,339,200円

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙一括査定に出すと高値で売れる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて186,000円の高値で売れました。

わずか1分の簡単入力で、すぐに高額査定の会社が分かります♪

⇒かんたん査定ガイドの一括査定

関連

-試乗レポート