Screenshot 2017-02-27 at 15.37.46

N-BOX ホンダ

N-BOXカスタムのグレード別装備や価格の違い(G・L・SSパッケージ)

N-BOXカスタムの購入を決めているけど、どのグレードにしようかで迷っている!

どの車を買うかは決まっていても、グレードをどれにしようかで迷う事がありますね。

特にN-BOXは人気車という事もあり沢山の選択肢が用意されています。

今回はN-BOXカスタムのグレード毎の装備や価格の違いについてまとめます。購入の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

全グレード共通の機能

まずは、全車共通の機能を確認してみましょう。全車共通という事は廉価グレードでも装備されている機能という事です。N-BOXカスタムの場合、customGがそのグレードのあたります。

  • ディスチャージヘッドライト
  • ハイマウントストップランプ(車体後ろの上部にあるブレーキランプ。全車についているがcustomG以外はLED仕様)
  • プラズマクラスター搭載、フルオートエアコン
  • 運転席ハイトアジャスター機能(座席の高さを調節)
  • オートリトラミラー(施錠・解錠でドアミラーが格納・展開)
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ(リアカメラ等)
  • 常時点灯三眼メーター(スピードメーター等のメーター類。グレードによって光がブルーとレッドで異なる)
  • ヒートシーター(グレードによって4WDのみ。運転席と助手席)
  • アレルクリーンシート(アレルギー対策を施されたシート)
  • ロールサンシェード(日除け。リアのみ)
  • 室内灯がLED仕様
  • グラブレール(手すり。運転席側はグレードによってオプション装備)
  • ドアミラーウィンカー
  • UVカットガラス(customGのみ廉価版のUVカット)
  • ハーフシェイド・フロントウィンドウ
  • フォグランプ(GおよびLパッケージ以外はLED)
  • LEDコンビネーションランプ(ストップランプ・テールランプ)

スタンダードのN-BOXは『C』というエントリーモデルが用意されていますが、カスタムは『C』をベースとしたモデルがなく中間クラスの『G』から販売されています。

そのため、カスタムの中では最も低いグレードの『G』でも必要最低限の機能はついています。

さらに、良いグレードを選択するかは、どういった機能を必要とするかによって変わってきます。

カスタムG価格

FF・・・1,480,000円

4WD・・・1,610,000円

Lパッケージの機能

『G』の次に用意されているモデルは『G・Lパッケージ』となります。Gとの機能の違いを確認しましょう。

  • スライドイージークローザー(リア両側。半ドア防止機能)
  • パワースライドドア(リア左側、右側はオプション)
  • 左右独立センターアームレスト(肘掛け)
  • インテリアイルミネーション
  • スーパーUVカットガラス
  • ピアノブラックインパネ
  • クロームメッキ(インナードアハンドル、ギアシフトボタン)
  • 14インチアルミホイール

最も大きな違いは、電動スライドドアですね。『G』ではオプションでも装備できないので必要な場合は、『Lパッケージ』以上のモデルにする必要があるという事です。

カスタムG Lパッケージ価格

FF・・・1,560,000円

4WD・・・1,690,000円

特別仕様車 SSパッケージ

続いて、特別仕様車を確認しましょう。

  • 両側パワースライドドア(右側は−30,000円で電動機能をなくせます)
  • エアコンダブルリング(クロームメッキ)
  • フォグライトガーニッシュ
  • LEDポジションランプ

全体的に豪華な装備がプラスされているイメージですね。パワースライドドアが両側になっているのが機能的に最も大きな違いでしょう。

SSパッケージ価格

FF・・・1,654,000円

4WD・・・1,775,000円

ターボ・Lパッケージ

続いてターボモデル。名前の通り『Lパッケージ』がベースとなったグレードです。

  • クルーズコントロール(アクセルを踏み続ける事なく一定のスピードをキープ)
  • パワースライドドア(両側)
  • プライムスムースandトリコットコンビシート
  • シルバー塗装パワーウィンドウパネル
  • パドルシフト
  • 15インチホイール
  • 本革巻ステアリングホイール

ターボ搭載によって走行性能が全く異なっていますのでそれに伴いクルーズコントロールやパドルシフトなど走行面での機能が増えています。

ターボ・Lパッケージ価格

FF・・・1,670,000円

4WD・・・1,800,000円

ターボ・SSパッケージ

SSパッケージのターボでは先程の『ターボ・Lパッケージ』の機能が全てついています。

また、SSパッケージのターボなしモデルの装備も備えています。ただし、ターボなしSSパッケージでは右側電動スライドドアをなくせましたが、ターボ・SSパッケージでは標準装備で取り外す事はできません。

そして、最も異なる点は、『安心パッケージ』と呼ばれる安心装備がオプションではなく最初から標準装備となっている点です。

具体的には、

  • シティブレーキアクティブシステム
  • 前座席用サイドエアバッグ
  • サイドカーテンエアバッグ(前後の座席に対応)

これらの3点が標準装備になっているという事です。

ターボ・SSパッケージ価格

FF・・・1,750,000円

4WD・・・1,880,000円

どのグレードがおすすめ?

ホンダのディーラーで確認したところ、「Lパッケージ及びSSパッケージが最も人気」「ターボなしとありではターボなしの方が人気」との事でした。

『G』に関しても、十分な機能が揃っていますが、電動スライドドアがないのはやはりマイナスポイントになってしまいますね。長年使うのであれば少しお金を足して『Lパッケージ』にする人が多いようです。

ちなみに、Gは1,480,000円〜、Lパッケージは1,560,000円〜となっています。ここまで金額が大きいと8万円の差はそこまで感じないといった心理もでてきますね。電動スライドドアなどは後付けできないので後々後悔しないように判断しなくてはなりません。

SSパッケージは、内装と外装共にやや豪華になり、両側が電動スライドドアになります。価格差はLパッケージにプラス8.5万円。こちらに関しては見た目の好みの部分と両側の電動が必要か、という部分が判断材料になります。

ターボの、LパッケージとSSパッケージに関しては、両方とも両側電動スライドドアとなっており、細かな外装・内装の違いだけで、見た目にも機能的にも大きく変わりません。そこで、おそらく差別化するために『安心パッケージ』がSSパッケージに標準装備になったものと思われます。

それぞれの価格は、ターボ・Lパッケージで1,670,000円〜、ターボ・SSパッケージで1,750,000円〜。万が一に備えてより安全な車に乗る事は大切なことですが、8万円足してサイドエアバッグ等を装備するかは人それぞれ判断が異なってきます。

最終的な判断は、こういった機能や価格の違いをみて、どのタイプを必要とするかご自身で決めなくてはなりません。

例えば、筆者の場合、山道や高速では使わないのでターボなしで十分ですし、電動スライドドアは必要ですがチャイルドシートを載せている側だけでも十分なので『ターボなしのLパッケージ』を選択します。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

関連

-N-BOX, ホンダ