wn2vrzoqkrl1acv1476778616_1476778720

賢く車を買う

新車が半額!残価設定ローンのメリット・デメリット

『新車が半額!!』

といった広告やのぼりを見かけた事がないでしょうか?

通常の自動車ローンは払い終えるとそのまま自分の所有物となりますが、『新車が半額』として売られている車は“残価設定ローン”と呼ばれ3年もしくは5年後に車を購入した販売元に買い取ってもらう事を考慮して契約が成り立っています。

かつては、一部の企業のみがこのシステムを採用していましたが、最近では多くのディーラーでも見かけるようになりました。

それだけ、ニーズのある手法となっているのでしょう。一番、目立つ場所にある展示車に、このシステムの説明が書かれている事もあるほどです。

 

スポンサーリンク

金利は全体にかかります

※3年の契約として話を進めます(5年の場合でも同じ理屈)。

システムとしては、3年後に買い取る下取り予想価格を購入価格から引いて、残高を36回払いのローンで支払います。

購入金額−3年後の下取り予想価格=ローンの金額

ただし、残価設定ローンは少し特殊なローンで3年後の下取り予想価格に対しても金利がかかります。

例えば、200万円の車を購入する場合、3年間に返済する半額の100万円に対する金利だけではなく、3年後の下取り予想価格である残りの100万円にも金利がかかります。つまり、200万円全体に金利がかかるのです。

 

下取りだけではない3つの選択肢

3年の契約だから半額となりますが、必ずしも3年後に売却する必要はありません。

選択肢としては、

  • 乗り換え
  • 売却
  • 乗り続ける

これら3つの選択肢が選べるようになっています。

乗り換えと売却は3年で手放す形となりますが、『乗り続ける』という選択肢も可能です。

車に3年乗り続けると愛着も湧いてきますよね。そういった場合には残高である残りの半額を支払い完全に買い取りましょう。

 

残価設定ローンのメリット

車購入金額が低くなる

先ほどのように、金利は全体にかかりますが、車購入金額は低くなるので毎月の支払い額は少なく済みます。

気に入らなかった時に割り切れる

3年の間に愛着が湧く事もありますが、逆に気に入らない点が多い場合もあるかと思います。そういった時は「3年の我慢だし・・」と諦めのつく部分もあるでしょう。

迷っていた車に乗りやすい

300万円の車が欲しいけど迷う・・。

多くの方が、車を選ぶ際に迷ってしまうかと思います。特に値段が高ければ高いほど迷う気持ちは強くなってしまいますね。そういった時にも、3年で半額は「試してみよう」という気持ちの後押しになります。

 

残価設定ローンのデメリット

下取り価格が変動する

3年後に下取りされる金額を考慮して価格が決まりますが、3年後の下取り価格は保証されているわけではありません。

事故などの場合はもちろんですが、乗り方が荒くダメージが大きい場合、内装を汚してしまった場合なども、大きく査定額が下がってしまう可能性があります。予想外の出費となってしまう事もあるでしょう。

ただ、状態がいい場合は+査定になる場合もあります。

事前の予想額を低めにした上で、実際の3年後の査定で高い金額を提示して次の車を買ってもらうという戦略も取られているようです。

金利が高い

各ディーラー、会社によって金利は違いますが、比較的高めの金利に設定されている事があります。

新車購入時は1〜3%といった低い金利で買える事が多いのですが、残価設定ローンでは3〜6%ほどに設定されている事があります。

この金利が、全体の価格にかかるので利息の額も必然的に大きくなってしまいます。このシステムの最大のウィークポイントかもしれません。

※会社によっては比較的低い金利に設定している場合もあります。

自分の車という感覚が持てない

このシステムで購入すると『3年後に返却する』といった感覚を所有者は持たなくてはなりません。

その為、「内装を汚さないようにしなきゃ」「丁寧に運転しなきゃ」といった自分の車という感覚を持てない人も多いでしょう。

 

以上のように、メリットもあればデメリットもあります。

ただ、安い価格で新車を3年間もしくは5年間所有できるのはこのシステムならではの特徴です。ご自身の使い方や希望を満たしている場合は利用してみてはいかがでしょうか?

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

車を売る予定、買い替える予定の人は必読!⇒車を最も高く売る方法!

関連

-賢く車を買う