auto-1291491_1280

コラム

正規ディーラーとサブディーラーの違い。値引きの違いは?安く買える?

皆さん新車を買う時には新車ディーラーに行くかと思います。

しかし、新車ディーラーには『正規ディーラー』と『サブディーラー』の2種類があるのをご存知でしょうか?

恐らく、多くの方が思い浮かべている新車ディーラーは正規ディーラーかとは思いますが、気づかないうちにサブディーラーで購入している場合もあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

車の仕入れ方法の違い

正規ディーラーとサブディーラーの最大の違いは車の仕入れ方法にあります。それぞれの違いを見てみましょう。

正規ディーラーの仕入れ方法

まず、正規ディーラーは、メーカーと直接契約をしており、メーカーから直接車を仕入れます。

ここで言うメーカーとは、トヨタやホンダ、日産、ダイハツなど、車を開発して製造しているメーカーです。ちなみに、ディーラーの経営母体は地域ごとに異なっています。トヨタやホンダが直接経営してディーラーが成り立っている訳ではなく、地域ごとに別の会社がトヨタやホンダと提携して車を販売しているのです。

これらの、メーカーから直接仕入れて販売できる立場のディーラー(会社)が正規ディーラーと呼ばれます。

サブディーラーの仕入れ方法

一方、サブディーラーと呼ばれるディーラーの仕入れ先は、正規ディーラーです。直接、自動車メーカーのトヨタやホンダとは取引をしておらず、車の受注が入ると正規ディーラーに注文を入れる仕組みとなっているのです。

また、トヨタやホンダのみを扱っているサブディーラーもありますし、複数の会社の車を取り扱っているサブディーラーもあります。縛られる事無く、様々なメーカーの車を扱えるのは正規ディーラーにはない特徴と言えるでしょう。

 

どちらで買うのが安い?

もっとも気になるのはやはり価格の違いです。

どちらが安く購入できるのでしょうか?

この答えは一概に結論付ける事はできません。

仕入れの構造上、正規ディーラーがサブディーラーに車を卸した場合でも利益を上乗せすることになるので仕入れ価格はサブディーラーの方が高くなります。

その為、多くの場合は、サブディーラーで買った方が高くなる傾向にあるとされています。

しかし、サブディーラーは販売による利益より、販売した事による今後のメンテナンス需要の方が大きな利益となる可能性もあるので、新車販売による利益をそこまで上乗せしないで安い価格で販売する場合もあります。こういった場合は、正規ディーラーより安い価格になる事もあるでしょう。また、自動車メーカーと直接契約していないので価格に関する縛りもありません。

サブディーラーの多くは整備工場を所有しています。新車販売に関しては正規ディーラーに台数で勝って大きな利益を上げるという事は難しいでしょう。しかし、整備、メンテナンス、点検等の顧客を増やす事は今後の利益にも繋がります。多くのサブディーラーの主な収入源はそういった部分になっているのです。

 

サブディーラーで値引きを引き出す方法

仮にトヨタの車を購入するとしましょう。

まずは、他社のライバル車種を値引き交渉して見積りを手に入れます。

その見積りを持ち、トヨタに行きましょう。他社製品と迷っている旨を伝えてライバル車より安値を引き出します。

その後、トヨタ同士でも経営母体の違う正規ディーラーが存在するので経営母体の違う正規ディーラーに行き、ライバル車より安値を引き出した見積りを見せます。十中八九さらなる安値を提示してくれるでしょう。

そして、サブディーラーに行くのは最後。交渉して最大限安値を引き出した後にサブディーラーでその見積りを見せましょう。

今後の付き合いを重視するサブディーラーであれば、それより安値を提示してくれる可能性もありますし、キッパリと断られる事もあります。

キッパリと断られた場合は仕方ありません。多くの場合交渉しても無駄になるでしょう。

安値を提示してくれた場合は、契約しても問題ありません。新車での購入なので正規ディーラーと同じく、手厚い保証もしっかり付いてきます。

 

1円でも安く車を購入したい人は是非試してみて下さい。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

🚙一括査定に出すと高値で売れる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて186,000円の高値で売れました。

わずか1分の簡単入力で、すぐに高額査定の会社が分かります♪

⇒いくらで売れるか確認!一括査定はこちら

関連

-コラム