tyre-1714669_1280

賢く車を売る

溝のないタイヤは買取査定の前に交換した方が高く売れる?

車の買取査定を受ける時に「ここ直した方がいいのかな?」「もっと綺麗に掃除した方がいいのかな?」と、様々な疑問が浮かぶかと思います。

タイヤの溝に関しても気になる部分ですね。溝がほとんどなく、スリップサイン(交換の合図)が出ている状態では高く売れないのではないだろうか?と考えてしまうかと思います。

しかし、タイヤは消耗品ですがなかなかの高額な部品。軽自動車でも3万円以上、普通車の場合は10万円前後かかる事も珍しくありません。

溝がなくなったタイヤは交換してから売った方がいいのか?それとも交換せずに売った方が金銭的メリットがあるのか?今回は、タイヤの溝の状態による査定額についてまとめます。

 

スポンサーリンク

タイヤの溝の違いによる査定額の変化

タイヤの溝は査定の際のチェック項目にしっかりと入っています。現状のタイヤが使えるのか交換の必要性があるのかは重要な項目なのでどの業者でもしっかり確認するでしょう。

各買取業者やディーラーには一定の基準があります。この基準にそって、溝が何ミリ以上は加点、何ミリ以下は減点、何ミリ〜何ミリまでは加点も減点もないといった形で評価が変わっていきます。

プラス査定になる場合

溝がしっかり残っていて新品に近い状態のタイヤは当然加点対象となります。そのままのタイヤで再販売ができるので整備の手間も少なく売りやすい車となるからです。

ただし、高級ブランドのタイヤでも、安い海外製のタイヤでも基本的に評価は変わりません。タイヤのブランドに関係なく溝の残り具合だけで評価するのが一般的となっています。

おそらく、高級タイヤの場合はタイヤ専門店に売った方が高値がつくでしょう。都合よく取り替えできるタイヤが余っているのであればこういった選択肢も有効かもしれません。

また、タイヤの溝によるプラス査定は数千円程度です。新品のタイヤでも、タイヤ購入金額通りの査定とはならないのです。

マイナス査定になる場合

タイヤにはスリップサインというものが存在します。スリップサインとは溝が1.6mm以下になると出るタイヤ交換のサインです。1.6mm以下になると道路を走る事は法令で禁止されています。当然、車検も通りませんし、スリップサインが出た状態で販売されている中古車も存在しません。

このスリップサインが出ているタイヤやそれに近い状態のタイヤは、そのままでは再販売が出来ないので減点対象となります。

また、経年劣化によってタイヤの横側にヒビが入っている場合も減点の対象となります。

しかし、これらの場合も査定には大きく響きません。わざわざ買い換える金額よりずっと小さな減額となります。買い取った業者はタイヤの取り換えを行う事になりますが、タイヤの仕入れ原価で対応するので安く済ませる事ができるのです。

 

適正な査定額を見極めよう

上記のような理由からタイヤの状態の良し悪しで査定額はそこまで大きく変わらないというのが結論ですが、「タイヤがもう使えない状態だから高く買い取れない」といった事を言われる場合もあります。

「確かに、交換に10万円かかるし、その分低く査定されるのは仕方がないか・・」

と、納得してしまいそうですが、ここで諦めてしまうのはあまりにも損です。このような形になると1社と交渉をしても高値を引き出す事は難しいでしょう。しかし、複数社に査定をしてもらう事で適正な価格を引き出す事は可能です。

買取業者もできるだけ安く買い取りたいのでタイヤの溝を指摘して安い見積りを出すかもしれません。しかし、タイヤを仕入原価で交換できる仕組み上、想像している以上にタイヤの交換費用は安く済みます。長く乗ってきた愛車が適正な評価をされるように出来るだけ多くの査定を受けて高値を引き出しましょう。

ドアのヘコみによる査定額の違い⇒ドアのヘコみの査定減額。ドアパンチは直して売った方が高く売れる?

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙一括査定に出すと高値で売れる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて186,000円の高値で売れました。

わずか1分の簡単入力で、すぐに高額査定の会社が分かります♪

⇒いくらで売れるか確認!一括査定はこちら

関連

-賢く車を売る