ma9x6ptbqwhxue71478832866_1478832949

賢く車を売る

下取りに出す前に確認!車の下取りメリット・デメリット

新しい車を買う際に元々乗っていた車を下取りに出すという人が多いかと思います。

※下取りとは、新しい車を買った際にその新しい車を買った業者に元々乗っていた車を買い取ってもらうシステムの事です。

しかし、この下取り、便利で効率のいいシステムですがメリットばかりではなく多くのデメリットもあります。

特に「1円でも高く売りたい!」と考えている人や「1円でも安く新しい車を買いたい!」と考えている人には下取りをおすすめしません。多くの場合、下取りではなく、新しい車の購入とは関連性のない買取専門業者に買い取ってもらった方が高い見積り価格となります。高く車を売る事は、結果として手元に残るお金が多くなるので「1円でも安く新しい車を買いたい」という希望も満たす事になります。

 

スポンサーリンク

下取りに出すメリット

手間が省ける

最大のメリットは車を購入する会社と同じ会社に車を引き渡すので手続きや引き渡しが簡単という事です。

引き渡しは、新しい車を届けてもらった際に引き取ってもらう形か、新しい車を取りに行った際にそのまま古い車を置いてくる形で終わります。

買取業者は全く別の業者となりますので新しい車と引き換えるという形にはできません。自宅まで引き取りに来てもらう事もできますのでそこまで大きな手間とはならないのですが下取りに比べると若干の手間がかかる感は否めません。

年式が古くても引き取ってもらえる

買取業者では、年式が古い場合や走行距離が進んでいる場合は買取拒否されることもありますが、下取りは多くの場合、数万円程度の査定額がつきます。(状態によっては無料引き取り)

販売店は車を売るのが本業です。その為、車を買ってもらう事に結びつくなら数万円の査定額を出しても十分にメリットがあるのです。

事故歴にも寛容

買取業者は事故歴のある車を避ける傾向や買取価格を極端に下げる傾向にあります。しかし、下取りに関しては買取業者ほど厳しくなく一定の評価をしてくれます。

販売店との信頼関係が築ける

販売店を信用して全て任せる形にすると、販売店や担当者との信頼関係が強くなります。車を買った後も、整備など様々な事で付き合いが続いていきますし、車の新しい情報なども提供してもらえるでしょう。

 

下取りのデメリット

査定額が低い

下取りの最大のデメリットは査定額が低いという事です。

多くの場合、下取りより買取専門業者の方が高値がつきます。その為「1円でも高く車を売りたい!」と考えている人には下取りをおすすめしません。

少しでも高値で車を売りたい場合は、ネットの『無料一括査定』をおすすめします。複数社に見積り依頼をする事により競い合って買取価格が釣り上がっていくので場合によっては数十万円の差がつきます。

値引き額を混同して査定される

古い車を下取りに出す事によって新しい車が値引きされる事がありますが、これは古い車の下取り額を低めに査定してその分を新しい車の値引きに回しているのです。

その為、下取りは愛車の本当の査定額が分かりづらくなります。

他社の装備品が評価されづらい

買取では人気の装備品なら他社製であっても評価される事がありますが、下取りでは他社製の装備品をほとんど評価しません。

査定額が適正か分からない

下取りの査定のみでは愛車の価値が適正に評価されているか分かりません。下取りに出すつもりでも必ず買取業者に査定をしてもらい適正な価格を知る事は重要です。

 

買取にもメリット・デメリットがあります

下取りと買取のメリット・デメリットは正反対の性質を持っています。買取は、高値が付く、価格が分かりやすいといったメリットがある一方で、下取りと比べて手間がかかるといったデメリットがあります。

理想は下取りと買取どちらも比較対象に入れ、価格や手間を比べてどちらが自分に合っているかを判断する事です。

買取業者は1社だけでは査定額が低くなってしまう可能性が高くなります。おすすめはネットの『一括無料査定』を利用する事です。一度の申し込みで複数社の査定依頼が完了します。3社程の査定を受ければ査定額が釣り上がって行くでしょう。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

関連

-賢く車を売る