BjbZ63ZzjotU7Fw1492158114_1492158334

節約

車検代を最も安く済ませる方法

2017/04/16

新車時に3年、その後は2年に1回受けなくてはならない『車検』。

安全な車に乗る上でかかせない存在ではありますが、お金もかかるし車検が近づくと憂鬱な気持ちになりますね。

ちなみに、ユーザー車検が一番安いという事になりますが、一発勝負で合否を決めるのはリスクも大きいし、やはり、ディーラーやカーショップ、車検専門店などに予約をして車検を通すのが一番間違いないスタンダードな方法です。

今回は、後者のような一般的な車検で最も安くなる方法を紹介します。

※軽自動車も普通車も共通

スポンサーリンク

最も安い方法とその理由

先に結論からお伝えしますね。

当サイトで推奨する最も安い車検を通す方法は、楽天車検を利用する方法です。

名前の通り、大手ネットショッピング運営会社『楽天』さんが提供している車検サービス。

とはいっても、楽天さんそのものが車検を提供してくれるわけではなく、車検を実施している会社が楽天車検に登録をしており、そこから条件にあった車検のお店を探すようなイメージですね。

いうなれば、じゃらんや楽天トラベルの車検版のような形。

アップル車検やホリデー車検、Dr.Drive、オートバックスなどの全国チェーンはもちろんのこと、個人店のお店の多くも楽天車検に登録しており幅広い店舗から選択可能です。

ちなみに、私の地元は『ど』の付く田舎ですが、その地域の最寄りで検索にかけても8店舗がヒットしました。まぁ、東京など大都市になると何百とヒットするのですが…。いずれにしても、どんな地域でも利用可能という事です。

なぜ、楽天車検が安いのか?

「この車検が最も安い!」という言い方はリスクの高い事なのですが、楽天車検の仕組み上、必然的に安くなるので、このような言い方をさせて頂いています。

では、その仕組みについて。

楽天車検のトップページを確認すると、

Screenshot 2017-04-14 at 13.14.33

こちらの表示が一番上に表示されます(こちらはパソコンの表示)。

この画面で、郵便番号を入力して検索するとその地域の車検取り扱い店が一覧となって表示されます。

※地図からの検索や店名からも検索可能

そして、ポイントとなるのは、車検費用も一緒に表示されるという事。

さらには、

Screenshot 2017-04-14 at 13.26.25

『金額の安い順』での表示も可能。ちなみに、この地域の最安は41,000円ほどでした。※価格が安い順はまだ仕組みに不備があるように感じたので個人的には『距離の近い順』で安いお店を探す事をおすすめします。いずれにしても車検料金が表示されるので。

『価格比較が可能』という仕組みが加わると、必然的に価格勝負という事になりますね。1,000円の違い、場合によっては100円の違いでもライバル会社にお客を取られてしまうので価格の引き下げ競争が起こり、極端に車検料金が安くなっていきます。

楽天ショッピングやAmazonで商品を購入する時も多くの方がそういった判断をしますよね。同じ商品を買うのであれば1円でも安い購入手段を選択するはずです。

アップル車検の例

では、実際にどの程度安くなるのか確認してみましょう。

今回は、例として全国展開しているアップル車検の価格を軽自動車で確認してみます。

まず、通常料金を確認すると。車検料金は全国共通で55,450円。そこから早期予約割引きを最大限生かすと52,210円、さらに初車検割引きを組み合わせると50,050円となります。

まぁ、このままでも十分に安いのですが、楽天車検を通すとさらに安くなる事に。

ちなみに、楽天車検では店舗毎に割引き額が異なるので、無作為に店舗をピックアップして紹介します。

【A店】

44,218円

【B店】

41,410円

【C店】

49,726円

早割やゴールド免許割引などを使って、43,200円

以上のような価格が主となります。

初回車検など条件付きの割引きを使っても5万円を切る事のなかった車検料金は4万円代の前半まで安くなったという事です。この1万円の差は大きいですよね。

今回は例としてアップル車検を紹介しましたが、各社で競ってこそ安くなるので、他の車検店に関しても前後の価格帯となっています。

店舗毎に割引き額が異なるので『どのチェーンが一番安い』という断言はできませんが、いずれにしても楽天車検以上に安い方法があるとは思えません。

会員登録不要

ネット予約となると、会員登録や煩わしい勧誘とかメールがくるんじゃないの?と、不安に思う部分があるかと思いますが、会員登録不要で利用可能ですし、何度も利用していますが煩わしいメールなども一切ありません。

登録とはまた別ですが、しいて言えば、楽天アカウントでログインして予約すれば500ポイントがもらえますが、アカウントを持っていない人は、ログインなしで利用可能。

予約をするお店を決めたら『事前無料見積り申込み』という画面に進み、

  • 車種
  • 車検満了日
  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号

などの、1分で入力可能な基本情報を入力して申込み完了。住所も不要です。

すると、数日以内にお店から電話がかかってくるので見積りの詳しい流れになります。

見積りに納得いかなければ断っても問題ありませんし、複数の予約をして一番ベストなお店を選択しても問題ありません。

ここで言う見積りとは、基本料金以外、バッテリー交換など+αの料金の話。基本料金はあくまでも申込み前に表示されている価格です。

最後に

いずれにしても、車検は必要なことですから一度、楽天車検を利用してみてはいかがでしょうか?

価格が安いからといってサービスの質が落ちるわけではありません。あくまでも価格の面のみ異なっているだけで通常の車検が受けられます。

ちなみに、早割を設定しているお店は数ヶ月前でないと適用されないケースもあり早めの予約をおすすめします。

⇒楽天車検

👇こちらのお得情報は再びこの記事が表示されるのでスルーして下さい(^_^;)

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

関連

-節約