コラム

【意外に長い!】軽自動車の寿命は短い?何年乗れる?距離は何キロ?

かつては『軽自動車は寿命が短い!』という事がよく言われました。

その目安とされてきた数字は、10年10万キロ。あるいは普通車の半分の寿命。

ですが、これらの情報は今の軽自動車には一切当てはまりません!

スポンサーリンク

軽自動車の寿命が短いというのは昔の話!

確かに、昔の軽自動車はエンジンの性能も今ほど良くなかった影響もあり、走行する度にエンジンに大きな負荷をかけている状態でした。

流れにのるための普通の加速でもエンジンがうなり、ちょっとした坂道でも悪戦苦闘。

こういった影響もあり、普通車と比べて早く壊れる傾向にあったのは事実で、一般的に「軽自動車の寿命は短い」という認識をされていたのは仕方のないことでしょう。

しかし、現在の軽自動車の性能は非常に向上しました!

かつてのように、坂道でエンジンが唸るような機会は減りましたし、エンジンが唸るような急坂であれば普通車で走行しても厳しいものがあり、そこまで走行性能は変わらない印象。⇒軽自動車に男4人で峠超え

ちなみに、私は、5年前のワゴンR(現在は事故で廃車)と10年前のコンテ、最新のN-BOXに乗ってきましたが、10年前のコンテを含めて走行性能は普通車と遜色ありません。

比較している普通車は、オデッセイとランサーセディアワゴン。どちらも、走れる車というわけではありませんが、普通車の最低限の加速性能はクリアしているでしょう。

これらと比較しても走行性能に差をそれほど感じないのです。

※ちなみに、免許を取得したばかりの17年ほど前には親の軽自動車(ホンダ・トゥデイ)に乗っていましたが、これは、本当に加速性能が悪く坂道などはベタ踏みでもまともに登りませんでした…。

トゥデイをご存じない方も多いかもしれませんが、形状としては、ミラやアルトと同じ。重量が軽く走れるはずですが、当時はまだまだ普通車のレベルではありませんでした。

現在の軽自動車が走行に無理がない設計という事は、エンジンにも普通車と変わらない負荷しかかけていないという事になりますし、寿命が普通車に比べて短くなる理由がありません。

そもそも、軽自動車は、普通車とパーツ数で大きな差があり別の設計になっているわけではなく、あくまでも、コンパクトにまとめただけで普通車と変わりません。

オデッセイ(大きめのミニバン)とパッソ(軽ではないけどコンパクトカー)が同じ普通車という枠で寿命が変わらないように、パッソをさらにコンパクトにまとめた軽自動車だけ寿命が短くなるわけがないということです。

では、普通車と変わらなくなった軽自動車の寿命は?

軽自動車の寿命が昔に比べて普通車と変わらないレベルまで伸びた事は分かりましたが、実際どの程度、乗れるのでしょうか?

これに関しては、メンテナンスの仕方などによっても大きく状況は変わってきます。

交換頻度の少ないATFなど比較的高額なメンテナンスも小まめにしている場合には、20万キロ乗る事も可能ですし、⇒メーカー別ATF交換時期

逆にオイル交換など、頻繁に交換が必要なものをメンテナンスしなかった場合には、5万キロ以内、5年以内といった早い段階で壊れてしまう可能性もあります。

ちなみに、私の親戚はヴェルファイアのオイル交換を全くせず5万キロで廃車にしました。

仮に、オイル交換をある程度の頻度でして、ATF交換をしないという、よく有りがちな状況で使用した場合は、

おそらく、15万キロあたりで故障もしくは、車検の際に「これ以上乗るのは厳しい」といった事を告げられる事になるでしょう。

※もちろん、運が悪いともっと早い段階で故障しますが

また、エンジン以外の部分でも、ある程度使った車は、錆が広がりシャーシやマフラーが破損したり、ハンドリングに違和感が出てきたりなど、何かしら不調になってしまうもの。

これらは使っている環境(融雪剤が多く使われる地域や海の近くなど)や使い方によって状況は大きく変わってきますが、場合によっては10年ほどで不具合が出てしまうかもしれません。

※使っている環境がいい場合でも15年ほどで不具合が出る可能性が高いでしょう。

しかし、こういった部分まで小まめにメンテナンスしていくのはかなり困難ですね…。

そういった意味では、これも一つの寿命という捉え方ができるでしょう。

ただ、こういった条件は、普通車でも同じですので、やはり、普通車と現在の軽自動車では寿命に大きな差がつく事はありません。

かつては、10万キロ10年が軽自動車の寿命とされてきましたが、現在の軽自動車は一般的なメンテナンスで15万キロ15年が一つの寿命目安になってくるように感じます。

これは普通車にも言えることです。

一方で、10年ほど経過すると最新の軽自動車の性能は飛躍的にアップする

現在の軽自動車の寿命がどの程度かということは分かりましたが、一方で、寿命になるまで乗るかは別問題。

必ずしも、寿命まで乗るのが正解とはならず、時にはまだ乗れる段階で車を手放して買い替える事の方がメリットが大きいケースもあるでしょう。

先程、紹介した通り、私が乗っている車は10年落ちのコンテと最新のN-BOXですが、10年落ちのコンテでも十分走れるものの、その一方で、エンジンの静音性、機能性(ダッシュボードの液晶に天気予報まで出る)などは、10年の間に飛躍的にアップしています。

満足度の高さは圧倒的にN-BOX。妻とどちらの車を使うか取り合っている状況です。

10年間という時の流れでは車の性能に大きな違いが出るということですね。

10年落ちの軽自動車はまだまだ高く売れる!

つい先日の話、10年落ちのコンテを下取り見積もりしてもらったのですが、その時でた価格は24万円というものでした。

かつては、10年で寿命とされていた軽自動車が10年経過しても24万円もの値段がつくのです。

「え…、24万円って安くない?」

って思われる方もいるかもしれませんが、私の所有しているコンテは、エアコンもマニュアルの一番低いグレードのもので、新車でも120万円(諸経費込み)ほど。

さらに、色も青で、黒や白に比べると5〜10万円ほど安い見積もりになっていたかと思います。

10年落ちの120万円の軽自動車が24万円、色によっては30万超えってかなりすごい事なんですよ!ほんとに。

車の買取価格は需要と供給で決まります。軽自動車の寿命が伸びた事が認知され、それだけの価格で買い取ってもそれ以上の価格で売れるということです。

30万あれば、次の車代金の足しになりますし、満足度の高い最新の軽自動車に買い替えるのもありではないでしょうか?

私自身、検討中です。

ちなみに、10年落ちに限った話ではなく、5年落ちでも8年落ちでも、新しい車を魅力に感じている場合には一つの買い替えの目安かと思いますよ。

買取専門店なら下取りより高い!

買い替えには、お金が少しでも多くあると嬉しい!

そこで、下取りでなく買取専門店に高く売るという方法を検討してみましょう。

基本的に、下取りより買取専門店の方が高く売れます!それも大きく異なる事が多い!

下取りと異なり、買取店に売るのは、新しい車を買うお店と異なるお店に車を売る事になるので手放す側にとっては一手間がかかりますね。

この一手間がかかるのに下取りより安い見積もりを出していては誰も買取専門店に売ろうとはしません!

また、下取りはあくまでも、新車を売る事で利益を上げますが、買取店は買った車を業者専門のオークションに出品することで利益を上げます。ですので、買い取ってなんぼ、買い取って初めて利益に繋がります。

そのため、下取りや他社の買取店とも積極的に買取値で勝負してくれますし、下取りより50万円以上の高値になるなんてこともザラ。

10年落ちのまだまだ市場価値のある軽自動車は、是非とも買取店の見積もりも確認しておきたいところです。

40秒の簡単入力で買取価格を確認可能!

「買取店で売った方が高いのは理解できたけど、その一手間が…」

と、実際に買取店に行くのは、おっくうに感じてしまう事も多いでしょう。

そこで、ネットの無料一括査定をお薦めします。

ネットの一括査定では、40秒ほどの簡単入力で複数社に査定依頼が可能になるうえ、入力したその場で買取価格の最高値を確認する事が可能!

もし、最高値がそこまででなく下取りで十分と感じる場合には、実際の査定を受けなければOKです。

また、まだ下取り見積もりに出していない場合でも、事前に買取価格を調べておく事はとても大切。

もし、買取価格より下取りが高くなるようなら下取りに出してOKですし、逆に買取価格の方が高額になる場合には、買取店に査定を依頼して買取店に買い取ってもらえば理想的な買い替えに繋がるでしょう。

ちなみにですが、私の下取りで24万円だったコンテは、一括査定で買取価格を調べたところ38万円になりました!さすがに50万円アップとはいきませんでしたが、14万円のアップはとても大きい。

入力は40秒ほどで済みますし、買取価格はその場で表示され、納得できなければ実際に査定を受ける必要はありませんので、一度試してみてはいかがでしょうか?

仮に、売る予定でない場合でもご自身の車の価値を調べておくのは重要な事かと思いますよ。利用は完全無料です。

⇒かんたん車査定ガイドの無料一括見積もり

⇒実は5人乗りOK!?意外に知られていない軽自動車の乗車人数

【お得情報】

車検まで半年を切っている人はこちらを確認⇒車検代を最も安くする方法

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙40秒の簡単入力で愛車の査定額がその場で分かる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて284,000円高値で売れました。

わずか40秒の簡単入力で、最大10社から一括査定が受けられるうえ、入力後、1秒で最高額が分かります。

もちろん実際に売るかは、査定額を見た後に判断可能です。

⇒かんたん車査定ガイド

関連

-コラム