oldtimer-1195114_1280

賢く車を売る

車の買い替えは同じメーカーに下取りが理想?メリット・デメリット

「トヨタを乗り継いでいる」

「日産以外買った事がない」

同じメーカーの車をずっと使い続けているという人は意外に少なくありません。

操作性やデザイン、エンジンとの相性などから同じメーカーにこだわり続ける人もいますが、下取りの価格の違いから同じメーカーを選択する方もいます。

実際に、同じメーカーで買い換える事にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

同じメーカーで買うメリット

下取り価格の違い

先日、ダイハツのミラをダイハツ、ホンダ、スズキで査定してもらいましたが、

ダイハツ・・12万円

ホンダ・・1万円

スズキ・・10万円

という結果になりました。昔ほど査定額の差は無くなったとされていますが、それでも自社製品を高く下取り査定するという流れは今でも続いています。

理由としては、

  • 他のメーカーにお客さんを取られないように下取り価格を優遇している
  • 自社製品の販売ルートが確立している

といった部分が挙げられます。

営業マンやディーラーとの信頼関係が成り立つ

かつて、三菱車を2台連続で乗り続けた経験がありますが、オイル交換などでディーラーに行くとまず言う一言が「〇〇さん(営業マンの名前)居ますか?」でした。車を同じメーカーで乗り継ぐ事によって営業マンとの信頼関係が成り立っていたように感じます。

車のお得な情報を優先して教えてもらえるといった事もあるでしょう。

 

同じメーカーで買うデメリット

広い視野で車を選べない

「同じメーカーで車を買う」という方は、言い換えると同じメーカーのみの狭い範囲で車を選んでいるという事にもなります。

例えば、ホンダでミニバンを購入しようとしたら、ステップワゴンかオデッセイ、フリードといった選択肢があります。しかし、広くて高さのあるミニバンで考えた場合、ステップワゴン一択となってしまいますね。

もちろん、ステップワゴンはいい車だとは思いますが、必ずしも理想の車とは限りません。セレナやボクシーといった他社のライバル車を比較したらもっといい選択肢が見つかる可能性は十分に考えられます。

メーカーで決めてしまうと、広い視野で車を選べないというデメリットがあります。

価格が高くなる可能性も

自動車の価格は比較対象を増やせば増やす程、安くなる可能性が高まります。

先ほどのステップワゴンの例で見ると、ライバル車であるセレナやボクシーの見積りをとって価格を競わせた方が安く購入できる可能性が高まるのです。

同じメーカーで購入するとしてもライバル車との比較は行った方がいいでしょう。

 

下取りより高く売る方法

下取りに出す場合は、同じメーカーに出すのが1番高く引き取ってもらえるかもしれません。

しかし、車を売る方法は多様化しているので下取りだけが車を売る方法ではありません。同じメーカーで買わないと損をするという考えは結果として損をしてしまっているかもしれません。

車を下取りより高く売るには、買取専門業者に買い取ってもらう方法があります。

実際に下取りと買取の査定額を比較した事がありますが、20万円以上の差がつきました。車を買い換える場合、新しい車を買ったメーカーに下取りしてもらうのが1番手軽な方法となります。その為、買取専門業者は下取りより高い査定額を出さないと売ってもらえないのです。下取りより安い査定額では買取専門業者を利用する理由がなくなり、誰もが下取りを利用してしまいます。

買取業者は状態の悪い車を敬遠する傾向にあるので時には買取拒否される可能性も考えられますが、多くの車で下取り以上の査定額がつくでしょう。

さらに、1社だけでなく複数社の査定を受けるのもポイントです。複数社の査定を受けると査定額が吊り上がり高値で買い取ってもらえる可能性が高まります。

無料一括査定の方法は記事下👇

 

中古車も買取査定がおすすめ

中古車で買った車は高く買い取ってもらえない・・。そういったイメージを持っている人が多いかと思います。

しかし、車の買取は『走行距離』や『年式』『状態』などによって決まってくるので中古車で購入したかどうかは関係ありません。

その為、中古車の場合もまずは一括査定を受けてみましょう。

 

総合的に考える

下取りは高値がつく可能性が低くなりますが、車を買ったメーカーとのやり取りになるので手間がかからないというメリットがあります。

一方で、買取業者を利用する場合は、高値で買ってもらえるかもしれませんが新しい車と全く関係のない会社とのやり取りが必要なのでその分の手間がかかります。

それぞれの査定額と手間を考慮してどの方法が合っているかを総合的に考えましょう。

また、下取りに出す場合も買取業者の査定額を引き合いに出す事は重要です。どちらも車を買取る事には違いがないので価格が釣り上がる可能性は十分に考えられます。

【お得情報】

車検まであと4ヶ月を切っている人はこちらを確認⇒車検代をもっとも安くする方法!

車を売る予定、買い替える予定の人は必読!⇒車を最も高く売る方法!

関連

-賢く車を売る