保険

人身事故の届出なしの物損でも相手の任意保険から慰謝料を受け取れる

前回記事で紹介しましたが、駐車場から道路に進入する車に追突され、いわゆるもらい事故に巻き込まれてしまいました。

ただ、相手側からは誠心誠意の謝罪を受け、事故の規模もそこまで大きな物ではない…。そのため、穏便に物損事故として処理をしたいのですが、一つだけ気になる点が。

それは、その日以来、娘の夜泣きが増えたという事。「どこか痛いの?」と聞いてもあまり分かっていない様子。小さな接触事故とはいえ、何かしらのダメージを受けているのかもしれないと考え病院に行ったのですが、「軽いムチ打ちかもね」と、怪我の確信も持てず。小さな子どもは完璧な意思疎通が出来ないので困ってしまいます…。

ただ、病院に行ったという状況を、私の車の保険会社の担当者に話すと「搭乗者傷害保険が使えますし、人身じゃなくても相手側の保険が補償してくれるはずです」との一言が。

私は車の買取に関してはプロなんですが、恥ずかしながらこの事は知りませんでした…。実際、知らない人も多いのではないでしょうか?具体的にどういった仕組みなのか保険会社から得た情報より説明します。

スポンサーリンク

人身にしなくても、保険は人身として処理してくれる

本来、人身事故とは、事故により怪我をした事を証明(診断書)する書類を病院で作り、それを警察に届け出る事によって『人身事故』として処理されますが、保険会社は、それとは、別で、“警察に届出をしなくても病院に行けば人身事故と同等に扱う”という独自判断をする事があるそうです。

ただし、骨が折れたなど間違いなく人身の場合は警察に届け出る必要があるとのこと。

まさに、私のように微妙な線の場合、「人身事故にまではしたくないんだけど…」といった時の救済処置としてこのような判断をするそうです。

確かに、「微妙な線だからといって泣きを見るのは嫌ですし、かといって相手側を考えると刑罰のある人身事故にもしたくない」こういった状況は多そうなもの。

注意点

ただし、全ての保険会社でこのような処理をしてくれるわけではありません。

保険会社が電話越しに言っていたのは「まず、問題なく、人身事故として警察に届け出なくても人身処理と同じように保険対応してもらえるはずです。ただ、保険会社によっては出来ない場合もあるので相手側の保険に確認します」とのことでした。

「まず、問題なく」という事なので、ほとんどの保険会社では警察に物損事故として届け出していても人身処理をしてくれるようですが、100%全ての保険会社ではないという事なので注意が必要です。

ちなみに、私の場合は、電話を切って10分後には相手側の保険会社の人身担当者から連絡がきて、人身対応すると言われました。これによって、無事、警察の処理上は物損になっているものの保険の対応は人身という事に。

まさに、事故の規模と、怪我の度合いから考え、双方に適切な状態が作れたように感じます。

同じ様な状況になっている方は、早めに病院に行き、その旨を保険会社に伝えるようにしてみましょう。おそらく、ほとんどのケースで、問題なく保険対応してもらえるはずです。

搭乗者傷害保険

今回のように搭乗者が通院した場合は、先ほどの補償とは別で搭乗者傷害保険が利用可能です。

搭乗者傷害保険とは、その名の通り、事故が起きた時に搭乗していた人の傷害を補償する保険です。

相手側の保険ではなく、ご自身の車にかけられている保険を使って、ご自身の車に乗っていた人が補償されます。

「自分の保険を使うと等級がダウンするのでは?」と心配になりますが、搭乗者傷害保険は使っても等級に影響がでません。

さらに、先程と同じように、人身事故の届出をしていない場合の通院にも対応しており、今回の私のようなケースでも問題なく使えます。

補償される金額は、保険会社によって異なってきますが、私の保険では、1〜4回の通院で2万円、5回以上なら20万円という事でした。金額の違いはあるものの5回以上かどうかを一つの基準にしている保険会社が多いようです。

知らないと損をする!

自動車保険には、事故を起こす度に「こんな契約内容だったんだぁ」と改めて関心や思い知らされる事があります。たまたま「病院に一応行った」という話しを流れでしたから良かったものの、もし言わなければ大きく損をするところでした…。

果たして、娘の怪我が5回も通院する必要のあるものか分かりませんが、せっかく保険で守られているので、存分に使わせてもらいたいと思います。

ちなみに、事故から時間が経過しすぎると、事故との関連性が疑われ、保険会社に対応してもらえなくなります。そのため、事故の際には早急に病院に行く事が重要。早急に病院に行ったという証拠を残しておけば、その後、多少時間が経過しても保険会社に受け付けてもらえます。

事故から病院に行くまでは、できれば3日以内、それが無理でも1週間以内には、2週間以上経過すると厳しくなってくるとのこと。

また、相手側の保険を使って人身対応してもらうには、過失割合が相手側の方が多いという事が条件です。私の事故では『8:2』から始まり、その後『9:1』となった事故なので問題ありませんでした。

事故の当事者となり、私と同じようなシチュエーションの方は、まず病院に行くようにしましょう。

⇒実は5人乗りOK!?意外に知られていない軽自動車の乗車人数

【お得情報】

車検まで半年を切っている人はこちらを確認⇒車検代を最も安くする方法

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙40秒の簡単入力で愛車の査定額がその場で分かる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて284,000円高値で売れました。

わずか40秒の簡単入力で、最大10社から一括査定が受けられるうえ、入力後、1秒で最高額が分かります。

もちろん実際に売るかは、査定額を見た後に判断可能です。

⇒かんたん車査定ガイド

関連

-保険