安全

2wdの軽自動車でスキー場に行ける?ノーマルタイヤは危険で違反!!

先日、当サイトに寄せられた質問にお応えします。

はじめまして。雪道の運転に関する相談をさせていただきたく、メールをさせていただきます。

現在、名古屋に住んでいるのですが、娘が4歳になりスキーをしてみたいという事で、今後スキー場に行く事が決まっています。

スキー場には車で行く予定となっているのですが、名古屋という土地柄、スタッドレスタイヤは履いていませんし、4wdでもありません。しかも、パワーもあまりない軽自動車で行く事になります。

筆者さんは長野県在住という事ですが、この状況でスキー場に行く事にどう思われますか?ちなみにスキー場は長野県の白馬村まで行く予定となっています。

もし、この装備でスキー場に向かうのが難しい場合は、どういった装備をして行くべきでしょうか?

お手数ですが、アドバイスをいただけると助かります。

ご質問ありがとうございます。

今回は、質問者様の許可をいただき、こちらの記事にて回答させていただきます。

スポンサーリンク

ノーマルタイヤでスキー場に行くのは難しいのが現状です。交通違反になる事も

お子さんが大きくなると、普段いかないような場所に行く機会が増えてきますよね。私も、娘のソリ遊びのために、10年ぶりぐらいにスキー場に行きました。

さて、質問に関する回答ですが、

スキー場付近は、殆どのケースで周辺道路にも雪が積もっており、ノーマルタイヤでの走行が難しいのが現状。
もし、道路に雪がないような環境だったとしても、スキー場の駐車場には、オフシーズ前以外は雪が積もっている状況ですし、まず間違いなくスリップしてしまいますし、人も多い環境ですので大きな事故にも繋がりかねません。

結論から言うと、ノーマルタイヤでスキー場に行く事はできません。

それと、意外に知られていない事なので、県外の方は、ノーマルタイヤのまま長野県に来られていますが、凍結時や雪のある環境では、チェーンもしくはスタッドレスタイヤの着用が道路交通法で定められており、ノーマルタイヤでの走行は交通違反となってしまいます。

ポイント
長野県に限らず、雪の多い地域のほとんどで同じ道路交通法が定められている。
スキー場のある地域で冬にノーマルタイヤのみで走行するのは違反になると考えて下さい。

 

積雪又は凍結している道路において自動車(二輪のものを除く。)を運転するときは、タイヤ・チェーン又は防滑タイヤ(滑り止めの性能を有するタイヤをいう。以下この号において同じ。)を用いる等滑り止めの処置を講ずること。この場合、タイヤ・チェーンを用いるときは両側の後輪(前輪駆動により走行するものは前輪)、防滑タイヤを用いるときは全輪とすること。

長野県道路交通法細則

違反点数はありませんが、反則金として、自家用車なら6,000円支払う必要がでてきます。

『凍結している道路』と曖昧な表現になっていますが、長野県は、雪もよくふり路面に水分がある状態が多くなっていますし、氷点下も当たり前です。
そのため、基本的に『凍結している道路』に該当すると考えて下さい。それに、スキー場という環境であれば、言い逃れもできません。

ただ、スキーに行くには荷物も多いですし、小さなお子さんがいるとなると、公共の乗り物も大変な部分がありますね。かといって、スタッドレスタイヤを買うのは軽自動車とはいえ、けして安くありません。

そのため、タイヤチェーンを装着するという方法でお越しになってはいかがでしょうか?
チェーンならタイヤを交換する必要がありませんし、車に積んでいてもそこまで荷物になりません。
それに、5,000円ほどで買える商品もあるので、先々の事を考えると、けして高い投資とはならないはずです。

ちなみに、4wdの方が雪道に適していますが、スタッドレスタイヤやチェーンなどの雪対策ができていれば2wdでもさほど問題ありません。実際、私の周りでは、長野県という環境でも2wdの車を所有している人の方が多くなっています。

※4wdでしか行けなかったイレギュラーなケースを後術で紹介します。

多くのスキー場は最寄りの駅まで無料シャトルバスを走らせている

多くの方が、スキー場に行く時に、スキー場まで向かう事を考えてしまいますが、必ずしもスキー場まで向かう必要はありません。

多くのスキー場では、無料のシャトルバスを運営しており、最寄りの駅までや、近くの観光地から乗せてもらえます。

スキー場は基本的に田舎町にありますし、駅周辺には無料駐車場も少なくありません。
なにより、駅周辺であれば除雪もされていますし、雪道に慣れていない人でも難なく来られるはずです。

『スキー場の名前 シャトルバス』といったワードで検索してみましょう。

4wdでないと通れなかった例

先日、私もスキー場に行きましたが、2wdの軽自動車にスタッドレスタイヤを履かせた状態で向かいました。

私の中では「スタッドレスタイヤを履いていれば問題ない」と考えていたのですが、スキー場に向かう途中の道で、誘導員に車を止められ「4wdですか?」と聞かれ、2wdという事を答えると、「こちらの広場に車を停めてバスに乗り換えて下さい」と言われてしまいました。

かなり特殊なケースかと思いますが、4wd以外は駐車場に行けないスキー場もあるという事です。

ちなみに、そのスキー場は、ふもとにある駐車場と中腹にある駐車場があり、ふもとにある駐車場には2wdでも問題なく行けます。ただ、ソリ遊びが出来るキッズパークが中腹の駐車場からしか行けない環境だったために、バスに乗り換える結果になりました。

イレギュラーな例かと思いますが、思惑通りに行かない事もあるかもしれません。事前にしっかり確認しておく事も重要です。

⇒実は5人乗りOK!?意外に知られていない軽自動車の乗車人数

【お得情報】

車検まで半年を切っている人はこちらを確認⇒車検代を最も安くする方法

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙40秒の簡単入力で愛車の査定額がその場で分かる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて284,000円高値で売れました。

わずか40秒の簡単入力で、最大10社から一括査定が受けられるうえ、入力後、1秒で最高額が分かります。

もちろん実際に売るかは、査定額を見た後に判断可能です。

⇒かんたん車査定ガイド

関連

-安全