ホンダ

NーVAN(エヌバン)の荷台積載・室内空間、使い勝手の良さを解説!普段使いには?

2018/09/15

ついにホンダから待望の商用軽のバン『NーVAN』が発売となりました。

これで、ホンダから従来販売されていたアクティバンやバモスが消滅!NーVANに一本化された形となります。

実に19年ぶりのフルモデルチェンジですから、先代のモデルも勇退といったところでしょう。

さて、今回は、そんなNーVANの積載や使い勝手等をまとめてみたいと思います。

仕事柄配達もする目線、そして、家庭を持つ立場として家族使いにはどうなのかなど。

参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

大人気車NーBOXをベースとした外観にバン要素をプラス

JNwdgGcyVxvJtzh1531466270_1531466928

fufWgEv7KIxPNfV1531467929_1531467966

フロントマスクのベースは、明らかにNーBOXを意識したものと思われるデザイン。

NーBOXがあまりにも人気者となるのでそれに便乗している感もありますが、間違いのないデザインとなっていますね。

商用車の仕事臭さだけでなく、タウンユースにも使えそうな雰囲気を感じられます。

この点は、従来のバンとの大きな違いとなりそうですね。いかにもの商用車っぽさがないということです。

Screenshot 2018-07-13 at 16.55.03

引用:ホンダ

後ろからの画像では、形状から感じる商用車らしさもしっかり出ているでしょうか。

ただ、ルノーのカングーっぽさも無くはないとも。

Screenshot 2018-07-13 at 17.01.35

画像を探してきましたが思っていたより違いましたね…(というか、ぜんぜん違った…(汗))

また、よりタウンユースに使いやすいモデルも同時に発売となっています。

Screenshot 2018-07-13 at 17.04.32Screenshot 2018-07-13 at 17.04.27

ここまでくると、本当に商用車としてではなく、普段使いにも違和感がありませんね。

下のデザインは女性の普段使いでも違和感ありませんし、上のデザインなら釣りなどを趣味にしている男性に大きな需要を期待できそうです。

内装のこだわりとピラーレス

P_20180712_180431

フロントシートの作りは、NーBOX等の作りこみから考えるとやや劣るものの、従来のシートより上質な座り心地。

必要十分といった印象ですが、これなら長時間の運転でも問題は特になさそうです。

P_20180712_180443

助手席のヘッドレストは、助手席のドアに収納する事が可能。座席を倒して物を載せる場合など、何かと邪魔になる機会が多いので、これも商用車として嬉しい工夫です。

P_20180712_180435

また、助手席の足元に荷物をおいた場合に、運転席側の足元に荷物が入り込まないように敷居が作られています。

これも、荷物を載せる車では必要とする人が多い工夫でしょう。(もちろん、取り外し可)

P_20180712_180530

後部座席は、簡易的なもので、左右別で倒す事が可能。

普段使いする人で、尚且つ家族で乗る場合などは、この点が一番ネックになってくるかもしれませんね。

見た目の通り、座り心地も硬く、走行の衝撃も感じやすい作りです。

従来のもの(商用車)よりも上質なのかもしれませんが、一般的な軽自動車の後部座席と比べると、劣る感は否めません。

Screenshot 2018-07-13 at 17.28.40

一般的にフルフラットは、そこまでフラットにならない事も多いのですが、NーVANに関しては、荷室から助手席までほぼ完璧なフラットの状態に。

これなら荷物も楽々載せられますし、走行中も安定します。

平らに積めることによって空間も無駄なく使えそうです。

Screenshot 2018-07-13 at 17.32.00

助手席側はピラーレスで、ドア2枚を開けた時の開口部は横に158cmにもなります。

女性の平均身長ぐらいドアが開くって…、これを軽自動車で実現するのは本当にすごい!

その他、袋を掛けておけるフックや500mlの紙パックの入るドリンクホルダー、充電用のUSBジャック、助手席側には物を置いておける大型のトレーなど、仕事をする人が必要とする機能が満載です。

ちなみに、こういった細かな点は、開発者が実際に使っている人から欲しい機能を確認して作り上げたそうです。

開発にも時間をかけており、まさに渾身の車が完成しているのではと感じます。

燃費も向上!

仕事でガンガン使う上で重要なのが燃費。(日常でガンガン使うにも重要!)

NーVANの燃費は、従来の商用車であるバモスの16.8km/lから、23.8km/lまで飛躍的にアップしています。

NーBOXが発売当初(2011年)22km/lだったので、それを思うと本当に毎年技術が向上しているのを感じますね。

このサイズ感で23.8km/lは十分低燃費という事になるでしょう。(ちなみにライバルのスズキエブリーは20.2km/l)

仕事使いにも日常使いにも燃費で不満に感じる事はまずないのではと思われます。

そして、走りのホンダという事もあり、NーBOX同様、走りの面でも十分満たしてのこの数字です。

まとめ

NーVANは従来のバンに有りがちな仕事くささが減りつつも、十分にニーズに応えてくれる、そういった1台になっています。

私自身、久しぶりに車を見て興奮しました。

やはり、仕事の車という前提で作った車は、一般的な車にはない魅力がいっぱいありますね。

そして、私の意見としては、仕事だけでなく普段使いにも十分役割を果たしてくれるように感じます。

値段は、1,267,920円〜と、商用車としてはやや高い設定ですが、長く乗る事を考えれば十分価値があるのではないでしょうか。

【関連記事】

NーVANの実際の燃費は?エヌバンの実燃費をライバル車種と比較

⇒実は5人乗りOK!?意外に知られていない軽自動車の乗車人数

【お得情報】

車検まで半年を切っている人はこちらを確認⇒車検代を最も安くする方法

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙40秒の簡単入力で愛車の査定額がその場で分かる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて284,000円高値で売れました。

わずか40秒の簡単入力で、最大10社から一括査定が受けられるうえ、入力後、1秒で最高額が分かります。

もちろん実際に売るかは、査定額を見た後に判断可能です。

⇒かんたん車査定ガイド

関連

-ホンダ