安全

【安全に通る5つの注意点】冬の遠出・山道の運転は危険!ノーマルは違反?

お正月シーズンには家族や彼女、友人など、何かと遠くに出かける機会がありますね。
時には普段いかない場所に行くために山を超えていく事もあるでしょう。

しかし、ここでネックになるのが冬の山道は雪や凍結でとても危険ということ。

遠出となると早起きして出発する事もあるかと思いますので、尚更凍結のリスクが高くなります。除雪もまだされていないかもしれません。

そこで、今回は、冬に山道を通る場合の注意点を確認しておきましょう。

私自身、今年の冬は長野県から安房峠を超えて福井県まで向かう予定…。

ほぼ毎年のように冬に山道を走る機会がありますが、いくつかの注意点を守る事で無事に行く事ができています。

スポンサーリンク

まず、ノーマルタイヤは厳禁!

意外に知られていない事なんですが、積雪時や凍結時にノーマルタイヤで走行するのは違反行為となります。

「雪の多い地域だけなのでは?」

といった疑問があるかもしれませんが、これは、沖縄県以外の全ての地域で決められているルールで違反した場合には、

  • 大型自動車等…7,000円
  • 普通自動車・自動二輪…6,000円
  • 原動機付自転車…5,000円

違反点数はないものの、これらの反則金が適用されます。せっかくの旅行で捕まるとテンションが下がってしまいますね…。普段雪の少ない地域でも山道では凍結している恐れがありますので、スタッドレスタイヤもしくはチェーンを用意しておきたいところです。

反則金を支払わない場合は罰金の対象となり、前科がつきますので注意しましょう。

ちなみに、積雪時や凍結時に他人に損害を与えるような事故を起こした場合も罰金の対象です。運転手の責任が問われる仕組みになっています。

冬のスタッドレスタイヤ、都道府県別のルール一覧

ルートを2つ考えておく

正月の予定を立てるのは、数ヶ月も前の話かもしれませんが、通る道がどういった状況になっているかは、1週間ほど前になって、ようやくおおよその予想ができる程度。

※具体的には、凍結する可能性がある気温なのか、雪が降るのか、といった部分

スタッドレスタイヤなら、雪の降った道でも違反にはなりませんが、順調な走行はできませんし、渋滞に巻き込まれ、数時間動けない可能性も考えられます。チェーンも含め、けして万能ではありません。

そこで、万が一、天気が良くない場合に備えて他のルートを確保しておく事も重要。

私の場合は、長野県から安房峠を超えて福井に行くのが最短4時間のルートですが、万が一、『天気が良くない』『気温が低い』といった条件が揃った場合には、新潟に抜ける5時間ほどのルートを検討しています。

新潟も雪が多いのですが、除雪機能(お湯が出る道路など)を備えた道が多いうえ、融雪剤が早い段階でまかれる高速道路を使えるので安房峠よりも安全性・確実性が増します。

重要なのは、ガッツリ別のルートにしておくという事。

部分的に変えても、天気の影響を避けるのは難しい事が多いかと思いますので。

新車なので融雪剤のまかれた道を通りたくないのですが……

別の道を用意すると、お金がかかる事が多いうえ、時間もかかりますが、それでも、安全には代えられませんね。

グーグルマップ等、便利な地図機能が増えていますので、是非、別ルートを確保しましょう。

日が昇ってから峠に差し掛かるように出発時間を変更する

遠出をする場合、現地に早く着くために、日が昇る前に出発するケースが多いかと思いますが、
もし、雪予報や朝方まで凍結する気温の予報になっている場合は、日が昇ったタイミングで峠に差し掛かるよう出発時間を調節する事も重要になってきます。

天気予報が問題ない場合は、暗いうちに峠を走っても良いのですが、凍結の恐れがある場合はできるだけ避けるのが無難。

こういった細かな天気予報は当日まで変わりますので、早起きをして確認しましょう。

ちなみに、私の場合は、理想が10時に福井なので5時には起きて天気予報を確認すると思います。

そして、天気がいい場合は即出発。悪い場合は、1時間ほど経過してから出発。

通った経験のある知人に確認してみる

これも意外に重要なことなのですが、

事前に「冬に〇〇を通ったことある?」と周りに聞いてみましょう。

何人かに聞くと案外行った事のある人は見つかるものです。

今回、福井に行くのも、目的地が福井ではなかったものの、安房峠をこの時期に深夜に通った経験がある人を見つけることができました。

そして、

  • 道がどういった状況だったのか
  • お薦めできるルートなのか
  • どういった物を用意した方がいいのか

といった事を確認。

ちなみに、その安房峠を通った人は、道路が凍結し、4wdのセダンでもかなりきつかったとのこと。子供のトイレ問題等、いろいろと参考になりました。

これを聞くと、条件が余程よくない限りは安房峠を避けた方が良さそうです。

なんせ、私の車は軽自動車のしかも2wdのBOX型子供も3歳

実際に通った経験者の話はとても重要です。おそらく、複数人に確認するだけで見つかるのではないでしょうか?

ホテルの予約は直前までやめておいた方がいい?

天気によっては行けない…。そういった場所に向かう場合はホテルの予約を直前まで控えておいた方が無難。

行けない場合は、直前のキャンセルとなるので、おそらく100%の金額を請求される事になるでしょう。

理不尽なように感じますが、ホテル側も食材の用意などをしていると思いますので仕方ありません…。

そのため、できるだけ、直前にホテルを取るのが理想。前回は正月に名古屋に行きましたが前日予約でなんとかなりました。

しかも、新築のホテルに1人5000円で、朝からうなぎ食べ放題…!!

正月にも混雑する地域はありますが、皆さん、帰郷するだけの場合も多く、案外ホテルが空いている事が多いです。

そして、通常料金となっている事が多いです。

これは行く場所によって差が大きいのですが、正月時期に混雑しない地域であれば直前の予約でもまず問題ないでしょう。

事前予約よりはやや割高かもしれませんが、それでも、キャンセルのリスクよりはずっといいかと思います。

これでホテルが予約できなくても責任は負えませんので、あくまでも推奨程度に受け取っておいて下さい…

まとめ

以上が、冬の遠出の注意点。

これらを注意していればまず問題なく目的地にたどり着けるでしょう。

とはいっても、冬の山道は何が起きるか分かりません。

ガソリン満タン、出発前のトイレといった基本的な部分は忘れないようにして下さい。

⇒実は5人乗りOK!?意外に知られていない軽自動車の乗車人数

【お得情報】

車検まで半年を切っている人はこちらを確認⇒車検代を最も安くする方法

車を売るor買い替える予定の人は必見!⇒車を最も安く買う方法(高く売る方法)

🚙40秒の簡単入力で愛車の査定額がその場で分かる!🚗

7年愛用したフィットで一括査定を利用したところ、下取りと比べて284,000円高値で売れました。

わずか40秒の簡単入力で、最大10社から一括査定が受けられるうえ、入力後、1秒で最高額が分かります。

もちろん実際に売るかは、査定額を見た後に判断可能です。

⇒かんたん車査定ガイド

関連

-安全